家具職人見習い時代FM802からウルフルズの笑えればが…




家具職人見習い時に

FM802からウルフルズの笑えればが

流れてきて、思わず自分の今の状態だと思い

かなり口ずさんで励まされていました。

とにかく笑えれば

最後に笑えれば

情けない帰り道

ハハハと笑えれば

子供の頃から同じ同じ夢ばかりを見て

だけど今になって 大人になって立ち止まったりして

すべてがうまく行くはずそう信じているのに

なぜかあせってグラついてジタバタするけど

とにかく笑えれば それでも笑えれば

今日一日の終わりに ハハハと笑えれば

自転車通勤の私は帰り道に

自分の情けなさに泣いていました

8歳の時に憧れた家具職人の道にふみだしたのに

毎日時間はかかるしわからないことだらけだし

誰にも聞けないしと迷惑かけてるしと緊張感の日々。

ご飯の時間もシーンとしているので

挨拶以外だれとも離さない日も。

あきらめない

逃げたくない

自分を見失いたくない

汗をかき恥をかき転がりつづける

↑このフレーズがどれだけ支えだったか

無理しても無茶しても変えられない思いがある

そばにいて このオレを見守ってくれるかい?

誰もが みないつも満たされない思いを

胸の奥に抱いたまま 歩き続けてゆく

そっか、私だけじゃないんやね

誰もが皆迷い苦しみながらも前に進んでいるんだ!

と思うとがんばれました。ありがとう。

そして今になって聴いても心に響くので

常に自己成長を求めていて

コンプレックスもそれなりにあり

満足行く事なんてないんだろうな、

どの世代になってもその時それぞれに

抱えているものがあり

深みを増していくんだなと感じています。

11曲めにありますが

15曲めの暴れだすも良いです。

ベストやねん [ ウルフルズ ]

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ