女性で家具職人は無理?!といわれる理由の一つはこれじゃないかと?




女性で家具職人の面接に行くと

女性は難しいとか無理と断られる相談を

今の時代でも時折お受けしますし

私も当時よく断られてたのですが

下記のFacebookを記載した後に

無理と言われる理由を改めて思いました。

鳥取に戻り、岩美道路開通したとはいえ都会とは違う町の静けさに癒されつつ土曜日の筋肉痛がようやく回復…腕が少し逞しくなり満足(オカシイ発想。)日曜日に岩井温泉にゆっくり浸かれば疲労回復も早かったかも…なんて。製作のピークはGW明…

女家具職人のお仕事日誌と手作りライフさんの投稿 2016年4月4日

この部分です。↓

この仕事は必要なとこに自然に筋肉がつくし
道具を持つのも作業するのも安定しますが
体重が少しでも増えたら身体がシンドイ…

何気なく書いたこの文を掘り起こしていくと…

そう男女は元々骨格も違うし筋力も違う。

そもそも道具を持つ時に

腕の筋力や体幹が安定していないと

正しく道具を使いこなせないということがあり

どうしても最初はうまく出来ないこともあります。

 

私も最初はのこぎりを挽く筋力がなく

最後のあたりで腕の力が尽きるとか

使い方のコツや力の入れ方もわからず

うまく出来ませんでした。

鉋の刃物研ぎも、

刃を安定して持つ力が無くて

うまく行かなかったのだと思います。

 

当時気がつかなかったのですが

今思えばスポーツでも同じく

練習を重ねていくうちに

必要なところに筋肉がついて

身体も覚えこんで安定していくので

イチロー選手の言葉からも学んだことがあるのを

思い出しました。

boll

その習得のスピードが女性と男性では違うんだと思うのですね。

 

だから最初は男性よりも時間がかかれど

続けていけば身体がそうなっていくので

あきらめないことも大事だなと。

女性は細かい作業が得意で繊細だといいます。

家具の細かい作業は向いていると思うけど

大きな家具を作る場合に筋力の問題でもある。

電動工具も重いし木工機械の定規を締める力

クランプを締める力なども劣ってしまいます。

 

もちろん、家具職人とはいえ作業内容によりますが

やはり木工所で重たい仕事をすることや

機械や工具を使う際には女性は体幹や筋肉があるほうが

良い仕事ができるのだと思います。

 

もちろんメンタルや価値観、色々他にも理由はありますが

身体の違いということでも無理があるといわれることも

事実あるんだろうなと思います。

ただ男性がその点にハッキリ気がついているかは不明ですが

女性としてやはり力の差を感じてきたことは事実なので

少しは参考になればと思います。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ