続・獣対策3古民家の汲みとりトイレの床下に獣の赤ちゃんの鳴き声が




古民家の床下&天井裏獣侵入対策シリーズ3です。

その1獣を裏庭で激写

その2獣天井裏の足音&セロリ撒き

他の人曰くアナグマじゃなくハクビシンとの声も…一体たぬきかアナグマかハクビシンかわかりませんが どちらにしてもその対策も虚しく…くみ取り式トイレを水栓にリフォームした際の床下部分にどうやら赤ちゃんを産んでいる模様↓

ハクビシン赤ちゃんを元くみ取り式トイレの床下で出産!?

鳴き声も聞いてもらったのですがハクビシンだと近所の人が二名意見。ネット上ではアナグマ説もあり私は正直わかりません。とりあえず今日の対策は、赤ちゃんがいるなら赤ちゃんが出て行くまでは開口部を開けておいて、赤ちゃんが歩けるようになって親と一緒に出ていくもしくは加えて連れだしてくれることを狙おうということで、フタワ 忌避一番プロ(粒状タイプ・ハバネロ入) 1リットルを購入。

忌避一番プロ 粒剤タイプ

侵入ロを塞いでもどこかに穴を掘り侵入してきて困っていましたが、赤ちゃんがいたらそれは親も必死だよね…ということで、侵入路を塞いだら今度はトタンなどを壊し始めたので、薬は嫌だとも言ってられず…。家の傷み防止&住み着き防止するために嫌な匂いを撒いて1箇所だけ出入口を開けて居心地を悪くして赤ちゃんを連れだしてもらう対策を。忌避一番プロかなり匂いがします。焼けたような匂いです。素手で触ったらこんなに汚れました^^;計量スプーンなどで撒いてくださいね。

たぬき忌避剤

とにかく撒いて居心地を悪くして、赤ちゃん共々出て行ってもらうようにということで対策。セロリも植えました。

たぬき忌避

近所の人が侵入口付近に石灰をまいておくと足跡などがつくので動きがよく分かるよと、石灰をくれました。

石灰

取り急ぎ1つの侵入口だけ開けて、逃げ出してくれるのを待ちます。やはり天井裏にはハクビシンやアライグマは登れないようなので天井裏は別の獣でイタチとかトマじゃないかとの見解。もしくは栗の木から屋根に登って屋根裏から入っているかもね、とのこと。とにかく天井裏は見えないし何がいるかわかりません。床下は動画の獣でハクビシンかアナグマのようです。赤ちゃんを床下に産んだら1ヶ月は様子見ないといけないのではと言われています。家に尿やダニ、配線をかじるなどの被害がないといいのですが…

今回思うことは獣はたくましい、獣の母性も強いということです。

今回はとりあえず、狼の尿は買わず忌避一番プロを撒いてみた効果があるかはまた追記します。

フタワ 忌避一番プロ(粒状タイプ・ハバネロ入) 1リットル

追記。また翌々日、現れました^^;

ハクビシンやアナグマ対策にラジオ効果がある?ただいま検証中



ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

4 Responses to “続・獣対策3古民家の汲みとりトイレの床下に獣の赤ちゃんの鳴き声が”

  1. […] 追記です『続・獣対策3古民家の汲みとりトイレの床下に獣の赤ちゃんの鳴き声が』はこちら […]

コメントを残す

このページの先頭へ