女と学歴という壁を越えて職人になりたい夢を応援

先日、大阪のオーダー家具職人の求人で連絡をくれた17歳の女性に対しメールの返事がないのでブログで返信しました

17歳の家具職人になりたい女性へ

ですが、またブログを観てもらえるかもわからないし、伝えたいこともあったので直接電話をしました。(電話番号書いてくれてて良かったです)

今までもいろんな方から相談がありそれに対して返事をしてきましたが、実はネットでの返事ってこっちが返信した後にそれに対しての返事が無いことが多いので、

  • 気に食わない返事だったのかな?
  • 怒ってしまったのかな?
  • どうでも良くなったのかな?
  • 単なるネット上で思いをぶつけただけで満足したのかな

と私一人が心置いてけぼりになることも。今回も最初は読んだけど返事をしないだけかも…と思ったのですが、なぜか、私は彼女を応援したくなり、求人は断る方向だったのですが、それだけで終わりたくなくて電話をしました。これ完全に仕事ではありません…。ネットであれ相手は人なので人の感情というのは私にもあります。伝えたいことは伝えたい!

お話をしてみると、まず心配していたようにメールが携帯だから届いていなかったようでした。礼儀正しいお話の仕方でした。木に携わる仕事がしたくて今仕事を探しているけど条件に高卒とあるのでなかなか無いと。

確かに彼女は中卒、しかも17歳。そして女性。かなり求人に制限はあると思います。でも私のように学歴も性別も気にしないところも絶対あるからとお仕事の探し方や女性ならではの壁を乗り越えるべくおせっかいながらもアドバイスしました。

実はアドバイスしながらも

  • うざいかな?
  • うるさいと思われてるかな?

と気にしていたおせっかいババアなのですが、絶対に夢を諦めてほしくないので一期一会とはいえ全力で心を込めて、私の女性ならではの職人経験談を伝えました。女は断られて当然と思っていた方が良い理由や、男と女の区別とか、女性ならではの強みとか。なんならもう住まいの近くで就職先探してあげたいとも思いました。。。。

彼女には直接言ったので誤解は無いと思うので書きますが、絶対に世間では中卒って言うことの偏見ってあります。ですが職人の世界では素直で健康で若ければ若いほど技術をどんどん習得するので有利なのです。もちろん勉学も必要かもしれませんが、その道でって決めてるのであれば学歴は関係ないです。

学校に行かない理由ってそれぞれあります。行きたくても行けない場合もあるし、勉強がいやでっていう場合もあるしその家庭や環境や考えにより人は生き方が違います。どんな背景があろうと環境や人のせいにしていては何も変わらない、人生は自分で切り開いて変えていかなければいけません。

その点、彼女には具体的にやりたいことがあってそのために調べてたまたま、たどり着いた私のもとに実際に行動を起こしてメールをしている。それだけですばらしいし、私は彼女がうらやましいです。明確にやりたいことや挑戦したいことがあるのは人生の強み。それが気づいているのが速ければ速いほど、今後生活していく中での情報収集力が違います。

私に自慢できる学歴が無いからかもしれません。学歴社会・学歴重要視の方は全く相手にもしない話かもしれませんが私は何歳でも夢や目的を持っていいと思うし学歴は関係ないと思っています。

これは若い人だけでなくても、同世代の方や年配の方もおなじで、何か世間が決めたルールみたいなものからはみ出ることは悪と思っている人もいて、自分の勝手な考えで夢の芽を摘んでしまっているケースがあります。人の目を気にしてもその人たちは、あなたがやりたくない仕事をしたり人間関係でストレスで病気になってしまった場合に人生の面倒をみてくれるわけでもないです。人生思うがままに挑戦する方がたとえ、叶うまで貧乏してでも苦労をしてでも最終的に自分で選んだ人生を生きてきたという満足感は大きな財産にもなるし後悔なく、人を応援してあげれたりする人になると思います。

私もまだまだ微力なので今は応援したい気持ちしか伝えることができませんが、もっともっと具体的に応援できる器になるべく精進しようと思いました。

単なる個人が本心をツラツラ書いているブログですが、若い世代の方や親御さんにもお読みいただくことも増えてきて、大人として、これからもいい加減なことを書いていてはいけないと引き締まり始めています。(とはいっても自由に書きすぎていますが…)作り話の感動話とか、芸能人のあるかないかわからないゴシップ話とか言葉を操って楽に稼げますよとか根拠の無い批判記事とかそんな情報を書いている大人は恥ずかしい。この引き締まり感は後に私にもすごいパワーになると思います。逆に支えられています。ありがとうございます。

もし初めて訪問された方で興味を持った、なんか聞いてみたい、などなど共感してくださった方はメールマガジンにご登録ください。

こんなこと書きながら、プライベートの私は、友達と飲みにいくと記憶を失くすこともしょっちゅうでアホな話しかしないので真面目とは縁遠いのですが。そこはオフの顔、ここではオンの顔しか見せませんのでご安心ください 笑

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ >
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

2 Responses to “女と学歴という壁を越えて職人になりたい夢を応援”

  1. 小沼です。 より:

    こんばんは
    アドバイス嬉しかったです。
    やはり、木材関係の仕事を見つけるのは、大変です。
    手探りですが、頑張っていきます。
    失礼しました。

    • 家具職人 より:

      もっと色々お話したかったです^^
      またご報告いただけたら嬉しいです。
      なにかよいお話があれば連絡しますね

      こちらこそありがとうございました。
      色々やる気を貰いました!

コメントを残す

このページの先頭へ