輸入家具を通信販売する方法と海外OEMの注意点




家具業界は海外製の輸入品がドンドン日本の市場をシェアしてきました

通信販売会社を筆頭にホームセンターそしてニトリ・IKEA・無印良品など

大手さんが安く大量販売しているので、消費者もそちらを好みます。

これは家具だけでなく、衣料、食品もそうですよね。

 

もちろん日本製を好む人、輸入品を嫌う人もいて、

値段ではない価値を選択されるお客様もいらっしゃいます。

職人としては日本製を選んでくださる方はすごくすごく嬉しいです。

しかし、冷静に見ると、輸入品でも品質が上がり

日本の企業が担当者を外国の工場に駐在員として派遣をし

品質管理を徹底しているので、輸入品イコール粗悪品というのも

減少しつつあります。

私が所属していた木工所でも、日本の工場との価格を、

商社の方から輸入品と同じ価格で強いられた時に最後まで努力しましたが

見合うことが出来ず、海外で工場を見つけてOEMで作っていただくことを

しました。そしてこのように、コンテナで入荷されるのです。

 

輸入家具

 

 

最初は…なんでこんな仕上がりになるんだろう

なんでこんなにいい加減なの?と思うことがたくさんありました

想定外の出来事がたくさん起こりました。

 

日本人は細かすぎると海外では言われますが

いやいや…これはあかんやろ!といった汚れたパーツなども

平気で送られてきたり、穴がずれていたりと商品にならないことも。

幸い、日本の工場で修正できるのが良かったのですが

これが工場のない商社や、直売店だと

大赤字を食らっていると思います。返品したらいいじゃない、

というわけにもなかなか行かないし、お客様も待ってるし

作りなおすにも時間がかかって大掛かりな損害が生まれるのです。

 

 

念押しに何回も確認しても何回もトラブルが起き…

を繰り返し重ねてきました。

 

工場との信頼関係も大事で何度も足を運んでコミュニケーションを取ってこそ

こっちの言い分を聞いてくれることもあります。

海外でOEMをお考えの方はご相談下さい。色々注意点などアドバイスできることは

あるとは思います^^

 

 

その中で…やっぱり、日本製がいいなと思うんですね。

海外のものが粗悪品というわけではないので

誤解していただきたくないのですが

タイムロスがやはりあるので、在庫しているものではなくて

オーダー収納など、作ってすぐにお客さまに届けることが出来る

日本の木工を守りたいなと思っています

 

かといって海外のOEM家具もニーズに合わせています。

 

⇒ 海外OEM家具についての関連記事一覧 

P.S

  • 家具を自分で販売する方法を知りたい
  • ブログの運営方法を知りたい
  • 集客方法を知りたい

など作るだけではなく販売部分での

お悩みをお持ちでしたらお聞かせ下さい

owner1

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ