浦富海岸の漁り火見物と荒砂神社の奥の秘密の展望台探訪



浦富海岸の夜の19時の夜景です。

漁り火が綺麗ですよね。

夜の海はミステリアスでロマンティックですが

台風前の浦富海岸は若干恐ろしかったです…

浦富海岸 夜景

都会の姪っ子甥っ子は黄昏れ中

浦富海岸海水浴

漁り火が綺麗です 山陰名物・白いかの漁船です

 

翌日、たけそうさんがわのビーチに行きました。

荒砂神社は アニメfree!の舞台になっています

ジャン↓

荒砂神社

荒砂神社側と連なる浦富海岸の岸壁には秘密の展望台があり

荒れた海にかなり気を張りながら行ってきました

浦富海岸展望台

ちょうど台風前で風並みが打ち寄せていました。

海に面した階段を上がっていきます

浦富海岸展望台

 

勾配がきついので行きも絶え絶え 笑

浦富海岸展望台

この浦富海岸の風景は好きです。

ビーチからでは見えない岩場の展望台からの景色です。

地元だから慣れていて平気という感覚ではなく

海の恐怖を知っているからこそ相当注意しながら行きました

 

その理由の背景に、海水浴シーズンになると

救急車などの救助隊が海に向かって走っているのを頻繁に見るからです

海は怖いですよ。浅いところでも引き波に足を取られると一気に沖に流されます。

浦富海岸でもうねりのリズムに寄っては急に高波になったりします。

 

足が届くから安心ということはないのでお子様との海水浴は大人がそばに。

は必須ですね。私は口うるさいくらいです^^;

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ