売ってない家具を作ってもありえない家具は仕事で作らない



私の仕事のメインはオーダー家具製作です。

  • 既成品ではないサイズの収納
  • 店舗や住宅に合わせたサイズの造り付け家具
  • ここに棚があったら便利
  • ここにこんな収納があれば助かる
  • 部屋にあった快適な住空間収納を作りたい

などと言ったご要望を形にするので

無いものを作る

という仕事でもあります。

そこの誤解が生じやすいのが

全ての要望に応える

という点…。

売ってない家具を作ってもありえない家具は仕事で作らない

お客様のご要望にお応えして思いを形にする仕事であり、職人なので出来ないといいたくないのが心情ではありますが、当然断ることもあります。

それは

ありえない家具

を作るということです。

家具として機能しない

そういったものは形にできても仕事として受けることはありません。

過去にも書いたことがあるのですが

カウンターテーブルをDIYする時の注意点

強度が明らかに不十分な棚やカウンターテーブルや机など、見栄えは良いけど使い勝手が悪いものなどはいくらご要望を受けて作れたとしてもお金を頂いて仕事にすることはありません。

例えば、ドラマのセットなどで背景に必要なので、ということだけであれば作ることがあるのかもしれませんが、

いくらお客様の御用王だとしても実際に日常生活で使うに連れ機能しないとわかっているものを受注して製作するほど愚かではありません…。(中には、これでは強度がないですよ?と説明したら、写真で、見栄えが良くて売れたらそれでいいんや!っていうネット販売の家具屋さんも居て軽蔑しました)

DIYで自分で作るのとは違い、お金を頂いて家具を作る責任というのはとても大きく、出来ない理由、不十分な理由を添えて、それでも平行線であればお断りをするようにしています。

また強度だけではなく予算的にも厳しい時もあります。

安くて上部なオーダー家具

お客様によってそれが一番理想なことは承知ですが、限界がありどうしても予算内で不可能な場合は値引きしてまで受けることは絶対にありません。ありえない理由を説明します。

理由を説明することで大抵ご納得をいただけるのでそこで一度熟考していただき、回答をいただくという流れになります。

お客様にとっても中途半端な金額で機能しない家具をオーダーで買うのはもったいないと思うのです。大きな天板を安く作っても、たわんだり荷重が掛けられなかったり見た目がすぐに悪くなるとまた作り直しで処分するにも費用がかかるしと逆に高い買い物になってしまいます。

もちろん家具のことに慣れていない場合にはその判断はつかないと思います。私も子供の頃に好きな家、住みたい家を設計士ていていざ、高校で建築のことを学ぶと、力学とか建築基準法がでてきて思い通りだけではだめなんだと思い知ったことがあります^^;

ですのでお見積もりを頂いた時点で解説を加えるようにしています。

無いものを作る仕事だけど、ありえないものは仕事として作らない

というお話でした。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

現在メルマガ発行は不定期更新です。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

One Response to “売ってない家具を作ってもありえない家具は仕事で作らない”

  1. […] 売ってない家具を作ってもありえない家具は仕事で作らない […]

コメントを残す

このページの先頭へ