お絵描きで家具図を描く・CADで家具図面を描く勉強しなきゃ



昨夜姪っ子と甥っ子がお泊まりに来て、未来のミライを一緒に観てから、今朝は宿題のお手伝い。

ムチムチした手が可愛い。

このあと、算数で野菜とお肉を買う時の計算問題をしてからお絵かきタイムへ…。

お絵描きで家具図を描く・CADで家具図面を描く勉強しなきゃ


姪っ子ちゃんが教室の黒板の絵を描いてほしいというので、今の小学校のクバンがどんなのか知らないけど、自分の子供時代の黒板を描いて、調子に野手机と椅子も描いていたら

今度は図書館を描くというので、入り口などを姪っ子が描いた空白のスペースに頼まれてもいないのに勝手に本棚を描きました。

ついつい家具の見積もりをする際にその場で説明しながら描くような感じでいい加減にイメージ図だけを…。

このサイズでしたら50万円です、お客様~

と、いつの間にかオーダー家具見積もりごっこに(笑)

続いてキッチンを描いてほしいというので、姪っ子の家のシステムキッチンを思い出しながら描いたら、写真撮って姉に送っていました。

いやいや汚すぎるし下手くそなんだけど、8歳の彼女には上手に見えたようでちょっと嬉しかったです^^;

しかしながら見ればみるほどへたくそだし、未だにお客様からの依頼のラフ図も手書きの私。前からずっと言ってますがいい加減CADで家具の図面を描くことも覚えないといけないなあと思いながら

なかなか出来ずにいます。介護で家にいることが多いんだし、この期間を活用して、今の環境でできることを目一杯増やさないとですね。

しかし、どんなソフトがいいのかなあ。高校の時の授業でやったCADで知識が止まっております・・・

いや、正確に言うと、高校卒業して少し、設計事務所にてJW-CADを使うために学びながら仕事していたのですが、終業後に勉強がてらCADを使っていたら、そこの社長と二人きりになり押し倒された(逃げ切りましたが)というトラウマで、その記憶を忘れたくてCADのこと封印しているので吸収力がないんです。どうしても避けてしまう…。

でも乗り越えなきゃな!

こういう事件って、その時は泣いて忘れようと前を向いても結局長く尾を引くと痛感します。特に仕事のスキルアップの弊害があるトラウマを残されたらできるはずのことが出来ないことで大損害の人生になる。いまさら訴えられないし、悔しいな。

当時19歳になったばかり、誰にも相談できず、法の知識もないし、辞めるだけが精一杯で…結果、泣き寝入りしたんですよね…。あとから知り合った人に訴えれるよ!と言われたけど、思い出したくないので避けてしまった。

世の中のセクハラ被害にあった人は長い目で見て絶対に多くの賠償金を請求することを助言します。って話がずれた…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ