天井と壁固定の吊り棚をDIYする時の幕板・フィラー取付事例


吊り棚をDIYする際にいくつかの注意点があります。まずは基本的なことから…

固定する壁の材質にあったビスを使う(例:石膏ボードの際はボードアンカー)

落下しないようにしっかり固定をし、耐荷重を考え重いものを収納しない

扉タイプの場合は照明器具に当たらないかチェックする(当たる場合には幕板をつける)

壁と壁に丁度に作りたい場合は本体を小さめに作りフィラーを使うと良い

などです。

天井と壁固定の取り付ける吊り棚をDIYする時の幕板・フィラー取り付け事例

先日マンションの吊戸棚を製作したので幕板の取付事例を掲載します。

天板の上に20mmの材料を前後に取り付けをし、天井から2cm下がった位置に扉が来るようにして天井に扉がこすらないよう、また場所によっては開閉時に照明などに当たらないようにする他、天井と壁が垂直ではない場合に、斜めに隙間ができてしまうので

家具全体を削るのではなく、幕板、もしくはフィラーのみを削りあわせてきれいにおさめめます。

この場合は天井固定のための桟木も兼ねているので角材に本体と同色の白のアイカの木口テープを貼っていますが、場合によっては2.5mmの白の合板を伸ばして合板だけを斜めに削り合わせることで削る箇所が少なくなり、かつ細かい調整も出来るので現場取付もスムーズにいきます。(フィラーといいます)

外側から撮影すると、角材が前後についています。この部分が天井に付き、ビス止めし、ビスキャップでネジ山を隠します。

吊り棚の固定はしすぎてちょうどと思ってください。見た目が気にならないのであれば、天井と壁の両方でしっかり固定することをおすすめします。

吊戸棚は落下が怖いです。

また、トイレなど壁と壁の隙間に丁度に吊り棚を設置したいと思われることも多いと思いますが、壁と天井が垂直ではないこともあり、

  • 広い部分で測ったがために奥が狭くて入らない
  • 擦ってクロスを傷つける

などというトラブルもあります。ですので少し小さめに作りフィラーで隙間を埋めるか、それが難しい場合には100円ショップにある隙間テープを家具の側板の外側につけておくとよいです。

吊り戸棚のオーダー製作のご依頼をいただくこともありますが、お客様取り付けになる場合には極力お断りをしています。

自己責任とはいえ、家具を作って納品したもので家庭内事故がある恐れもあるので自分が現場取付に行けない場所のご依頼に関してはお断りしています。

それほど吊り戸棚の取付は手を抜けません。

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ