下駄箱の扉に使うスライド蝶番の取り付け例


大阪の木工所で、マンションの下駄箱の扉の加工をした合間に撮影しました。説明不足気味なので過去の記事とあわせてお読みください

スライド蝶番取り付け

スライド蝶番は隙間調整が出来て便利です。特に玄関は床に勾配がついていることもあるので扉が歪んでしまうこともあります。玄関収納の脚をアジャスター式にすることもおすすめです。今回はマンションの部屋の数だけまとめてつくったので大量にスライド蝶番をつけました。そのためパワーのあるマキタのインパクトドライバーは大活躍でした。最後まで締め付けている感を感じることが出来ます。

ビスの長さは扉の厚みを越えないように要注意です。カップリングの深さに関しても実際に深さを測り貫通しないように気をつけてください。穴あけは今回はボール盤でしましたがインパクトドライバーやドリルドライバーでも出来ます。その際に垂直に穴あけをするように気をつけてください

スライド蝶番 取り付け

スライド蝶番(丁番)に関しては

別の記事もありますので参考にしてください

使ったマキタの電動ドライバー

TD146DRFX 同等 日本仕様済

使ったマキタのインパクト⇒ ⇒ アメリカンツールズ ドット ネット

関連記事⇒ 電動工具の使い方カテゴリ記事一覧

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ