引き戸のレール溝加工と戸車の取り付け方法


病院の引き戸タイプの吊戸棚を製作した際に、加工経過を写真に撮りました。

引き戸のレール溝加工と戸車の取り付け方法

引き戸には戸車を使用するタイプで引き戸のレールは鴨居と敷居の2タイプが有り、

敷居レールはV型になっています。

レールの厚みと深さに合わせた溝をルーターで掘ります。

このときの溝の間隔は扉の厚みを計算して干渉しないようにします。

引き戸に取っ手が付く場合は、取っ手が扉に当たらないように注意します。

※今回は掘り込み引手を使用

※掘り込み引手の加工は別記事に記載します。
⇒ トリマーを使った扉DIY・引き戸の掘り込み引手の穴あけと取り付け加工

今回使用した戸車はこのタイプ。

敷居部分にはコマが付いた方を使用し、鴨居部分はガイド付きの方を取り付けます

穴のカップリングを開けてきちんとはめ込んでビス止めします。

カップリングはたんこぶのような感じで抜けないようになっています。
30mm径のカップリング穴を23mm・深さ13mm開けます。


野口ハードウェア NSD 30VSローラー家具用V戸車裏面付け アイボリー NSD30VS

仮止めの状態ですが、このように両端上下に4箇所取り付けます。

これで、本体にはめ込むと戸車付きの引戸が機能します。

本体の底板と天板にレールを叩き入れ組み立てたもの

底板にはV字のレールです

追記としてイメージできるように引き戸をはめ込んだ写真を掲載する予定でしたが、納期に追われ本体に引き戸をはめてスライド確認したあお、写真をとる暇がなく出荷しました…。

追記:現場からい写真ただきました。

引き戸タイプの吊り戸棚と洗面カウンター製作

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ