ノミが使えない際の横切り鋸を使った相欠き継ぎの作り方


家具や建築の継ぎ手には

様々なパターンが有りますが

相欠き接ぎについてお話します

材料を厚さの半分づつ欠きとって

互いに組み合わせたもので

DIYでも時折取り入れることもあります

今回横切り鋸で相欠き加工をしました

関連動画⇒ 家具の作り方と実例動画一覧

相欠きを横切り鋸で作ろう

横切り鋸を使った相欠き継ぎの作り方

横切り鋸

まず墨付けをします。

墨付けをした後に、墨通りにカットします

横切り鋸

 この時に歯の高さを深さに合わせます。

 端材などで試し切りをしましょう

相欠き接ぎ

まずは墨通りにカットします。

相欠き継ぎ diy

中も切り込んでいきます。

相欠き方法

相欠き接ぎができました。

相欠き接ぎ

 ノミが使えない場合は

横切りでカットすると綺麗にできます。

相欠き接ぎだけでは強度が発揮できないので

ボンドやビスと併用することをオススメします。

 

今回はマットレスを置く際のネダにつかいましたが

この相欠きは、パネルにも応用でき、

学校の下駄箱の作り方の一つにもあります。

横切りを使う注意点

横切りを使う際には歯に手を持っていかないことと歯の高さをしっかり合わせることです。カットした材料が飛んでくることもあるので細かく取り除くようにして下さい。歯には手を持っていかないように棒材などで取るようにしましょう

関連記事⇒ ホームセンターのカットサービスを利用しよう

関連記事⇒ 電動工具の使い方カテゴリ記事一覧

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ