オレフィン扉にスライド丁番の穴をあける


アイカ工業ではキッチンや下駄箱、その他家具の扉やカウンター天板などを製作していて、マンションの下駄箱製作などで使用しますが

今回マンションの下駄箱の扉ではオレフィンを貼った扉でしたのでアイカのメラミン扉ではなくオレフィン扉を外注し、扉本体に扉を取り付けるためのスライド丁番の穴あけ加工をしました。

オレフィン扉にスライド丁番の穴をあける

スライド丁番の穴あけ加工に関しては過去にも記載していますが、今日作業をしたのでついでに?写真撮影をしたものを掲載します。


表はこのような高級感や落ち着き感があるホワイトの木目柄で取っ手加工もしているものです。

裏にスライド丁番のカップリングの穴あけをしますが、スライド丁番の直径が35mmのものなので35mmの錐を使ってボール盤にて加工しました。

開けたい位置に定規を合わせてレバーを下に落として穴あけします。

何枚か並べてみました

長さが1800mm位あるのでスライド丁番は3箇所使います。

スライド丁番例↓

LAMP 360 スライド丁番 19mmかぶせ 35カップ キャッチ付 オリンピアシリーズ

スライド丁番を取り付けて完成です。

この穴の位置に合わせて本体に座金を取り付けるとパチンッとはめるだけで仕上がります。

扉の調整は

スライド丁番の扉の隙間調整方法

を御覧ください。

取り付け事例…

ビフォーアフター写真も掲載しています。

玄関壁に扉枠とダボレールを取り付けるだけの下駄箱製作事例

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ