すき間収納をDIYで作る際の注意点と寸法の測り方


キッチンやサニタリー、

トイレのデッドスペースを有効活用して、

好きなサイズで

すき間収納をDIYで作る際の

注意点やサイズの測り方のポイント

について動画でまとめました。

4本立てのその1とその2です。

↓すき間収納DIY作る際の注意点とポイント

⇒ DIY教室Youtubeチャンネルはこちら

続き⇒ すき間収納を作る際の注意点その3.4の記事はこちら

すき間収納をDIYで作る際の注意点とポイント

you21

すき間収納を作る際の注意点は

設置場所に障害物がないか確認をする

  • 巾木
  • コンセントカバー
  • 照明器具
  • 窓枠

など突起物の有る無しを確認します。

ある場合は避けて製作をしないときちんとスキマに入りませんので詳しくは動画の3にてお話します。もしくはわからない場合は相談してください

すき間収納をDIYで作る際の寸法の測り方のポイント

手前だけを1点測るのではなく

上下、真ん中、奥、手前と数カ所を測り一番狭いところの寸法を基準とする

壁がまっすぐだといいのですが、

今まで複数現場取付をしてきた結果

全てが同じサイズという住宅は少なく

丁度にすると入らないリスクが有ります。

大は小を兼ねるといいますが

すき間収納は大は小を兼ねなくて邪魔な箱になる

とおぼえておいてください

一番狭いところの寸法を基準とし少し狭く作る

丁度に作ると

壁を擦って家具を入れることになり

クロスに傷がついてしまって

いざその家具を外す際に

壁が汚くなります。

賃貸の場合ですと退去時に補修代を請求されることもあるので賃貸diyの際には特にご注意ください。

続きの動画の3,4ではすき間収納を設置するポイントについて解説しています。

関連記事⇒ 壁面収納・本棚作り方カテゴリ記事一覧

関連記事⇒ DIYの基本作業カテゴリ記事一覧

order

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ