棚板DIYの参考に・ダボレールを使った壁面収納の可動棚製作事例


DIYで可動棚を作りたいとお考えの方に、先日、オーダー収納家具製作で納品した事例を元に可動棚の作り方を解説します。

滋賀県のオーダ壁面収納家具納品事例

をお読みください。

棚板DIYの参考に・ダボレールを使った壁面収納の可動棚製作事例

製作したのはリビングの壁面収納です。

このように材料を購入してダボレールをつけるだけで壁面収納の可動棚はDIY実際にできます。

ホームセンターなどで売っているパイン材の集成材などを必要な奥行きにカットしダボレールを必要長さのサイズを購入し取り付けますが、材料のカットは購入したホームセンターでカットできるサービスがあるので利用されると良いです。
(⇒ ホームセンターのカットサービスを利用しよう

奥行きを変えてリビングボードの可動棚も

壁面を活かした可動棚をダボレールで設置する場合には一箇所4本必要です。


ステンレス棚受けレール(通称ダボレール・ダボ柱)182センチ

この事例は壁面収納ですがクローゼットなどの壁面に直接取り付けることも可能ですし、キッチンの壁面やトイレなどの棚板を取付けたい場合はLアングルや棚柱を使用すると好きな場所に棚板を作ることができますね。
(⇒ ガチャ柱の取付け方と下地の注意点も併せてお読みください。)

ホームセンターの材料カットサービスと棚受け金物を使うととても簡単に棚板のDIYができますので下地や幅に注意してチャレンジしてみてください。

ホームセンターに行く時間がない、近くにない、持ち帰れない、、、等の場合、材料はネットでも既製品で購入可能です。カットサービスの有無は店舗によります。

レッドパイン(赤松集成材)厚さ20mmx巾910mmx長さ1210mm(10.79kg)(DIY 木材 端材 集成材 赤松 パイン)

棚板のみをサイズオーダーで購入したい方は

DIYでダボレールやLアングルで取り付ける棚板をお探しなら

もお読みください。

棚板のサイズを算出する場合は設置場所の幅と使用する金物(ダボレール・棚柱・Lアングル)の厚みや奥行きや耐荷重を確認した上で適切なサイズでオーダーしてください。

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ