壁面収納家具の隙間を埋めるフィラーとは?


壁面収納の造り付けオーダー家具は壁と壁の間に綺麗に埋め込むことが多いのですがその際に壁や床がまっすぐとは限らないため【逃げ】をとるためにわざと小さく家具を作ります。

壁面収納家具の隙間を埋めるフィラーとは?

小さく作ると隙間があいて見えますので、家具がまっすぐでも躯体が斜めの場合などは見た目も悪いです。そこで隙間を埋める手段として

コーキング

ぞうきん摺り

フィラー(ひも)

がつかわれ、建築現場では

フィラーを使うことが多いです。

フィラーはこのような感じです。

フィラ

実際に取り付けたオーダー壁面収納の実例です。

壁いっぱいに取り付けをしまして両サイド

少し小さめに作り同じ材料を側板の横につけて

削り合わせます。

隙間収納

反対側もこのような感じです

削り合わせるには技術がいります。

難しい場合はコーキングなどで埋める

もしくはコーナーガードや隙間テープを

入れてみて下さい。

 

オーダー壁面収納に関するお問い合わせは

メールにて承っております。

オーダーに関するお問い合わせ

オーダー家具製作事例カテゴリ記事一覧

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ