すき間収納をDIYで作る際の壁とのすき間の埋め方と巾木避け


すき間ができやすいキッチンやサニタリー、

トイレの空間を有効活用して、

必要なジャストサイズで

すき間収納をDIYで作る際の

注意点やサイズの測り方のポイント

について前回お話した続きです。

4本立てのその3とその4です。

↓すき間収納DIY作る際の壁とのすき間の埋め方のポイント

前回の⇒ すき間収納を作る際の注意点その1.2の記事はこちら

すき間収納をDIYで作る際のすき間の埋め方のポイント

you21

すき間収納を作る際の隙間を埋める方法は

隙間を埋める3つの方法

  • 隙間テープ(スポンジ)を使う
  • フィラー(ヒモ)を使う
  • コーキングを使う

など必要に応じて施します。

フィラーを使う方法は少し技術が必要になります。コーキングをする際は賃貸の場合壁を汚すことになるので向いていません。ホームセンター等で購入できる隙間テープが一番簡単です

すき間収納をDIYで作る際、巾木を避けて家具を作る方法

巾木というのは壁と床の接続部分で壁に木材やビニール製の材料のことで部屋を引き締めるアクセントとしても利用されます。天井と壁の境目は廻り縁といいます

巾木があるとその厚みの分

壁にぴったり収めることは出来ません。

その際に隙間を埋める方法として

  • 巾木避けとして材料を切り欠く
  • 巾木の分、幅を小さくしてすき間をテープで埋める
  • 巾木と同じ高さのものを作り(台輪という)本体を別に作る

という方法があります。

一番簡単なのは巾木の分、幅を小さくしてすき間をテープで埋めること

1.2話でも話しましたが家具は丁度に作ると

途中までしか入らなかったり、

無理に壁を擦って入れることになり

クロス(壁紙)を擦ってしまい

壁が傷だらけで汚くなります。

賃貸diyの際には特にご注意ください。修繕費として家主さんから請求されることもあります

動画の1.2ではすき間収納の寸法の測り方のポイントについて解説しています。

関連記事⇒ 壁面収納・本棚作り方カテゴリ記事一覧

関連記事⇒ DIYの基本作業カテゴリ記事一覧

パーツで購入するなら⇒ 幅が1cm刻みで選べるすき間収納

order

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ