スガツネのステーを使ったバタフライデスク製作事例


DIYでテーブルを作りたいという方の中に、バタフライ式にしたいというお声はよくいただきます。

先日大阪の木工所にてオーダー製作中のバタフライ式デスクがありましたので製作事例を掲載します。

スガツネのステーを使ったバタフライデスク製作事例

バタフライ部分の天板を折りたたんだ時の姿です

 

使用した金物はスガツネ工業のステーですが品番を控えていなかったので写真のみ…

折れる部分は平丁番の重厚な感じの金物を取り付けます。

ステーを折りたたむ側の天板の裏に取り付けをし、伸縮させることで開閉します。

耐荷重や強度がある分、価格も普通のステーよりは高めです(笑)

完全に開いた姿。バタフライテーブルでステーを使用する場合にはステーがしっかりしていないと上から荷重をかけるとたわんだりすることがあるのである程度機能を満たすステーを選ぶほうがストレス無く使用できます。

出荷前で配達中などに紛失しないため養生テープを貼ったままですが天板にはコンセントの穴カバーをつけています。

こちらは薬局のカウンター周りのオーダーデスクですが、バタフライテーブルってすごく便利なので自分も欲しくなりました。

ちなみに薬局の間仕切りパネルも掲載します。

ミッフィーちゃんみたいなオレンジで可愛い。

上部は透明のアクリルでこのパネルにカウンターデスクや収納棚ワゴンなどが設置されます。

工場での制作過程でしか写真が撮影できませんので、設置イメージがわかない人もいらっしゃるかと思いますが、このオレンジで明るい薬局になるんだろうなということが想像できます。

 

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ