オーダースノコ板作り事例


下地枠の製作の続きです

既成品のスノコ板は100円ショップや

ホームセンターで手に入りやすいですが

このサイズで欲しい!というものは

スノコ板をDIYで作るかオーダーになります。

今回は引き出し式のスノコ板の

オーダー製作の事例になります。

まずは厚み9mm-10mmくらいの板材を用意します。

スノコ板

DIYで作る際に

幅や厚みはお好きなものもしくは手に入りやすいもので

揃えてください。

良い材料であるほど高額になりますが

使用目的によって取り入れてください。

スノコ作り

寸法カットしてから角のささくれなどを落とすために

鉋がけもしくはサンダーがけをして角を丸くします。

この作業は結構手間になりますが

使う際に手が引っかかったりすると

危ないので面取りは必ずするようにしましょう。

スノコ作り

スノコ板材のピッチをバランスよく振り分けします。

隙間になる部分を何かの端材で定規代わりにすると

きれいな均等で取り付けることができます。

いきなり本番で取り付けるのではなく

一旦瀬部手を仮置きをしてみて

微妙な隙間調整を行ってください。

 

今回は引き出しとして寸法が決まっていて

すき間の振り分けの半端なものは

真ん中で調整することにしました。

両端からすき間に挟む定規を作って

一番最後の真ん中で均等に振り分けします。

適当につけるとまっすぐにならないのでご注意ください。

次はスノコ板にキャスターを取り付けるです

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ