下駄箱・シューズボックスの作り方の基礎講座


賃貸マンションに下駄箱がないから

下駄箱を自分で作りたい、

シューズボックスのDIYをしたい

靴が増えてきたので収納が足りない

靴箱がもう一つあれば…

とお考えの方に

下駄箱の作り方をお話します。

下駄箱 作り方

下駄箱・シューズボックスの作り方の基礎講座

下駄箱のサイズを決める

空間が決まっている場合は

空間に合わせて作りますが

空間が自由な場合は

  • 何足収容したいか
  • 収容する靴の最大外寸を測る
  • 可動棚にするか固定棚にするか決める

事が大事になります。

ロングブーツをしまいたい場合は

下の段は広くする、可動棚にする

男性の靴の場合、外寸法を測らないと

扉付きの靴箱の時には

閉まらないこともあります。

下駄箱作り

材質を決める

下駄箱の材料を集成材か合板か

フラッシュパネルを自作するか

傷に強いものや洗える棚板など

材料も様々です。

使い勝手や使用目的、場所により

決める必要があります。

 

教室やエステサロン、病院など

不特定多数の人が

利用する靴箱を作る場合

耐久性、耐水性の高い材料、もしくは

塗料を使いましょう。

 

鏡をつけるならどうやってつけるかなど

接着剤が効く表面かの確認もしましょう

製作に必要な材料を購入する

下駄箱の材質を決めたら

その材料を計算して必要分、購入します。

その他

  • 扉がある場合は丁番
  • 転倒防止金物
  • シューズホルダー
  • 引き出し
  • フック
  • アジャスター

など必要に応じて買い揃えます

下駄箱の製作・設置

下駄箱の具体的な作り方は

別の記事でも追加していきますが

下駄箱を設置するのは主に玄関です。

玄関ってまっすぐに見えて

水はけを良くするために床に勾配があることも。

 

勾配がある床に家具を設置すると

家具が歪んでしまいます。

特に扉付きの場合は歪みで

開閉がスムーズにいかないこともあり

見た目もよくありません。

そういう場合は脚にアジャスターを付けて

まっすぐに設置ができるような

工夫をしましょう。

 

これは既製品を買った時も同じで、

床に勾配がある場合は下がっている方の床にフェルトなどのかませ物をして平行を保つことでまっすぐになります。あと、微調整ができるスライド丁番を使うことをおすすめします。

⇒ 下駄箱の作り方カテゴリ記事一覧

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ