可動棚のダボ穴の治具の作り方とボール盤の穴あけ実例


今回は棚板をDIYする際の

可動棚のダボ穴の治具の作り方と

ボール盤の穴あけ実例

について動画解説します。

 

icony

可動棚のダボ明けの基本は

こちら→ 可動棚の差し込みダボ穴の位置決め方法

を参考にしてください。

可動棚の穴あけ治具の作り方

棚ダボ 穴開け方法

まずベニヤ板を用意して

可動棚の穴をあける位置に墨付けをします

棚ダボ 穴開け方法

墨付けにそってキリやポンチで印をします

棚ダボ 穴開け方法

印をする際には、基準を左右同じ位置にするために

リバーシブルタイプの治具にして

下からきっちりと同じ位置にするために

引っかかりをつけます。

棚ダボ 治具

治具を外すとこのように穴あけの位置が

墨付け出来ました

棚ダボ 穴開け方法

次にボール盤を使います。

ボール盤の深さと切りの大きさを

使うダボに合わせて穴あけスタート

ボール盤使い方

このジグを使う際は必ず下か上か基準をきめて

後ろから○cmなど左右対称のおなじ位置に

なるように調節します。

実際にあいた穴はこんな感じです!

棚ダボ 穴開け方法

ボール盤が使え無い場合はドリスドライバーを使おう

ボール盤は一般の家庭ではありませんよね

その場合はドリスドライバーのチャックに

あけたい穴のキリを準備するだけです。

 

その際必ず貫通しないように注意してください。

ドリルドライバーはこんな工具です

HP480DZ 同等品

使ったマキタのドライバー⇒ アメリカンツールズ ドット ネット

「DIY電動工具の使い方」の記事一覧

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ