キッチン流し台の作り方・ステンレスシンクを載せる下台


洗面台の流し台をオーダー製作する際の事例です。

DIYでキッチンを製作する際にも少し参考になると思うので

⇒ DIYもできる洗面台の下台の作り方・キッチン流し台にも応用

の続きとして併せてお読みくさだい。

洗面台やキッチン流し台の作り方・ステンレスシンクを載せる下台

前回の記事では下台を製作する事例を元に掲載しました。

この上には流し台に合わせたオーダーステンレスのシンクが載ります。

ステンレスのシンクを受けるための加工をした天板の取り付け。

ランバーコアに穴あけ加工をし本体に取り付けます。

この穴は流し台の水槽部分になるので、そのサイズをしっかり確認した上で開口しないとステンレスがハマりません。

さらにこのキッチン流し台の巾木の部分にステンレスを貼ります。不特定多数の方が利用することで、つま先が巾木にあたったり、水がかかったりすることが多く想定されるのでステンレスの巾木にすることで本体の傷みを軽減します。

ステンレスの巾木も別注オーダーになり巾木の高さと流し台の幅に合わせてオーダーしました。DIYでもステンレスを貼りたい場合でステンレスのオーダーが難しい場合は、ステンレスの既成品に合わせて本体を設計することも考慮して下さい。

洗面台とセットで扉の取り付け待ち・・・工場なのですいません。

扉は水に強いアイカの化粧板で黒っぽい木目とブラウンの木目の指定で、取っ手はテーパー加工をしました。扉で家具の表情が変わるので素材選びも楽しみながらキッチンづくりを成功させて下さい。

 

関連記事⇒ 洗面扉のダンパー付屑入投入口(ダストボックス)取り付け事例

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ