DIYで作りたい棚を職人に依頼するとどうなる?


自分の欲しいサイズの棚が見つからない、予算が合わないなどという理由からDIYをしようとお考えになったあとに、やはりプロに依頼しようということで当サイトにも見積り相談が寄せられることがあります。

基本的にはDIYに関するアドバイスはしますが、DIYで作る予定の家具を作ることはあまりしません。その理由はお金を頂いて作る仕事になるとそれなりの材料を使って強度なども考えるからです。

DIYで作りたい棚を職人に依頼するとどうなる?


ホームセンター等の材料を使ってDIYで棚板を作ろうという場合に、材料代だけを考えると安価に作ることができますが

それをプロの職人に頼む場合、職人さんの日当や道具代が含まれます。ですので材料代が安くなっても職人の日当が発生することを踏まえた上での見積価格になります。

ですのでコストダウンを目的とし、DIY雑誌などで予算5000円でできた棚と同じものを作って欲しいと言う場合にも、その棚が2日かかる場合には2日分の日当がかかります。

これが自作するのとプロに頼むとの違いであり、そうなるとやはり作る方はしっかりしたものが作りたいしお金をいただく以上、しっかりした家具を納品したいというのが仕事として受ける側の心構えです。

ですので適当でいいから5000円にして欲しい、などといったことは職人さんが長年培ったスキルと労働時間を奪うだけになってしまうのでDIYはDIYでご自身でしていただくことが前提です。

美容院で美容師さんに適当に切るだけでいいので安くして、と言われても、チェーン店の安い散髪屋と違い、こだわりの美容師さんは技術を売っているのでそうも行かないのと同じことです。

初めてのDIYは道具も自分で揃える必要もあり思った以上に予算と時間がかかり大変ではあります。(楽しさや達成感ああります)DIYを仕方なしにせざるを得ないという場合で道具もなく時間もない場合には高くなってもオーダーをするという考えに変えても間違いではありません。

DIYは自分で時間を捻出して楽しみながら作ることができる魅力がありますがかぐやさんや木工所にてプロの職人に頼む場合は技術料が発生すること、時間を費やしていることからの手間代がかかるということを念頭に入れた上で見積り依頼を出されることをおすすめします。

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ