ヒロミ24時間リフォーム!築94年の駅舎を大正ロマン風に


タレントのヒロミさんは有吉ゼミにて滝沢秀明さんを助手にしたり知人を呼んでリフォームをしたりと有吉ゼミでDIYの域を越えた本格的なリフォーム業として出演されていますが、

先日24時間テレビで生放送中に千葉県銚子電鉄の築94年の本銚子駅のぼろぼろになった駅舎を親友である大工の豪さんや仲間、美術職人さんら総勢100人で実施しました。

その時間30時間以上…

ヒロミ24時間リフォーム完全版!築94年の駅舎を大正ロマン風に

生放送という時間に限りがある中様々なトラブルが有りながらも完成した駅舎に子どもたちが電車に乗って到着し、ヒロミさんに感謝状を渡し、感極まって涙…

これって本当に良い仕事ですよね。

まあ、、、テレビだからと言ってしまえばそれまでですが、根本的に喜ばれること、困っていることを助ける仕事、と言うのはとてもやりがいがある仕事。

ただ民間でそれをするには予算がないとかいろいろあって仕事としては受けにくいこともあり。例えば私の地元でも築100年を超える廃校などがありそれを維持していこうと思うと個人ではなかなかできず。ボランティアと言っても継続できないと意味がないし。

地域の人や卒業生は明治建築の立派な校舎を残したいけど保護する費用もないのが現状。でもし町や国の予算がついて保存ができたとしてもじゃあ何に活用するの?一部の人の満足で税金の無駄遣いと言われかねない、、、そうするうちに技術者がいなくなる…

田舎でも古民家再生とか色々あるけども再生してカフェにして経済を回すなどはよいけどただ保存するだけでは予算がつきにくいこともあるんだと思う(詳しくはわからないけど…)

ただ、やっぱり、人が喜ぶ仕事というのはやめられないですよね。例えば趣味のDIYの場合でも、自分の好きな家具を作って自己満足だけではなく、人のため、家族のために困りごとを便利にするDIYというのは趣味を越えた、生き方としてとても満足度の高い行動だと思います。

自分でできるリフォーム&修繕大百科 決定版 (暮らしの実用シリーズ)

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ