DIY介護風呂リフォームでタイルに手すりを取り付ける際の注意点


実家の母が要介護認定を受け、退院後在宅介護に向けてケアマネージャーやリハビリの先生が実際に自宅に来て相談した上で必要な手すりなどを介護保険を利用して取付工事を行うことになり、区役所から給付券が出たので本日リフォーム工事がありました。

自分で取り付けようと思っていましたが業者さんに依頼して勉強しました。

介護風呂リフォームで手すり工事

まずはお風呂。湯船に入ると立ち上がりが難しいため、手すりが必要ということで2箇所取付けをしました。まずはビフォー。手すりがない状態の壁面。

浴槽から立ち上がる際に手すりで踏ん張る必要があるので、縦と横に取付け。

自分は健康なので気が付きませんが手すりがあるのと無いのとでは全く違うことが母の介護を通して気がつくことができました。

タイルの下地が途中から変わっているようで、壁を叩いて下地による音の違いを教えてくれました。ちょうど切り替わりの部分の高さに手すりが必要で慎重にしないと下地の継ぎ目は弱いのでタイルに亀裂が入ると設備屋さんがおっしゃっていたのでふむふむなるほどっとお勉強。

まさかタイルの下地が途中から違うとはおもってもいなかったのでDIYで取り付けする際にちょうど下地の切り替わり部分にガシガシ開けてしまっていたかもしれないのでやはり業者さんにお願いしてよかった。仕事上、手すりの取り付けができる分、ガシガシやってしまいがちですが調子に乗らなくて良かったです…DIYで手すりを取り付けようと思っている方はタイルの下地が全面同じかどうかを確認してください。

パナソニック折りたたみ椅子ユクリアも導入

母は半身が動かせずリハビリ中で、リハビリ入院中の入浴でも利用していた、体を洗うときの椅子がある方が良いということでシャワーチェアも導入。Panasonicの折りたたみシャワーチェアーユクリアです。

折りたたみも片手で簡単にできるので、使用しないときに収納するのも容易です。ちなみに、椅子の座面は、シャワーをしているときは良いのですが、お湯をかけて少しすると座面が冷たくなるのが気になるところです。

このチェアは介護リフォーム会社のカタログからケアマネなどにおすすめされて申込んだのですがカタログ上代よりも安くネットで打っているので介護保険を使えず実費の方はネットで購入するほうがお安いかもしれません。笑

パナソニック シャワーチェア [ユクリア] ミドルSPワンタッチおりたたみN PN-L41821 ( 介護用 風呂椅子 お 風呂 椅子 カビ にくい チェア 折りたたみ 浴室 椅子 肘掛け椅子) 介護用品

そして浴槽に入れる椅子。これも座り込んだら立ち上がりが困難のため、踏み台的な感じである方が良いとのことで導入。ただ、椅子の高さを高くしすぎると肩まで浸かれないのであまり高くせずお湯の浮力を活用して手すりで踏ん張って立ち上がります。

この椅子の8cmー10cmの差がかなり動きを楽にさせるみたいです。

ちなみにこのバススツールもネットで売っていました。

バススツール 軽量コンパクト [1220](送料無料 パナソニック 介護用品 入浴 踏み台 風呂椅子 いす (バススツール バスチェア ) 【楽天スーパーセール】
うむ。実費の人はネットで買うほうが安いと思います。

ケアマネージャーとか介護リフォーム会社に依頼をするメリットは手配や納品設置をしてくれること。なので設置や受取などが難しい状態の人は業者を通したほうが安心。ですが介護認定を受けていなくて実費であれば家族にお願いしてネットやホームセンターで買ってもらうほうがコスト的には押さえることができると思います。

しかしながら手すりの取り付けに関しては下地のチェックを怠りなく…。これは風呂の手すりだけではなく、階段や廊下トイレの手すりも、木下地があるところに止めれない場合、ボードアンカーでしっかりとめるなどしないと、利用者が使用した場合に手すりに力を加えた際にビスが抜け落ちることがあるので家庭内事故にもつながりますから注意です。

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ