岐阜県立森林文化アカデミーと森と木のオープンカレッジ



家具、森、林業、、、など、木に関する学びの場といえばやはり長野や岐阜などが環境が整っていますよね。飛騨高山の森林たくみ塾もそうですが、今回岐阜つながりで木工や森林環境が学べる学校の情報のシェアです。

※個人的に良いと思うし、このブログでは木工職人になるための情報を探している方で知りたい方のアクセスが多いので、学校の広告宣伝ではなく、役立つ情報として引用しています。詳しくは直接お尋ねください。

岐阜県立森林文化アカデミーと森と木のオープンカレッジ

岐阜県立森林文化アカデミーは、森林や木材に関わるさまざまな分野で活躍する人材を育成することを目指して設立された、2年制の専門学校で

森と木のエンジニア科:高校卒業程度対象

林業や木材加工の現場で働く技術者を育成されています。

森と木のクリエーター科:大学卒業程度または実務経験者対象

林業、森林環境教育、木工、木造建築などの分野で指導的な役割を担う専門家を育成、また地元の方に向けたオープンカレッジや、専門技術者の方を対象に最新の知見や技術を提供する専門技術者研修など、幅広い活動が行われています。

  • 林業専攻
  • 森林環境教育専攻
  • 木造建築専攻
  • 木工専攻

詳細は、森林文化アカデミーのホームページに記載されていますが、卒業者の声や活動レポートなどワクワクする内容が盛りだくさんで長時間閲覧してしまいます…ぜひご覧になってください。時間がない方に一部抜粋させていただくと、

木造建築専攻は、木の建物の美しさ、快適さ、奥の深さ、そしてそれをつくる楽しさを知ることができる、学びの場で森林資源の「川上」を意識した、他にない貴重な実習が出来ます。

森林環境教育専攻では、森のようちえん指導者、自然学校スタッフ、インタープリターなど、森林空間を活用した人づくり(環境教育)のプロや、里山を舞台にしたエコツーリズム、農山村起業、パーマカルチャーを通して持続可能な社会を実践・提案していける人材を育成されています。これ個人的にも興味深い…。

気になる入学金や受講にかかる費用は各コースによって違いますし、年度によっても違う可能性がありますのでここでは記載しませんがホームページのPDFをご確認ください。将来素晴らしい仕事に着くための自己投資と考えるととても意味のあるものだと感じます。

また、森と木のオープンカレッジは、講座のスタイルや対象は日帰り型の講座から宿泊型の連続講座まで、幼児から大人&家族まで、初心者から指導者向けまで、と多種多様なスケジュールがあります。

あーあ、私も自由に1人で動けるならオープンカレッジなど行ってみたい。家具だけではなく、自然ガイドの資格取得もしてガイド活動をしているのでやっぱり森林のことに興味がすごくあります。森を知る仕事は共通項なんだけど、たくさんの選択肢があるなあ。岐阜県立森林文化アカデミー、いい環境だと思います。

岐阜県立森林文化アカデミー

岐阜県美濃市曽代88
TEL 0575-35-2525
https://www.forest.ac.jp/

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

現在メルマガ発行は不定期更新です。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

2 Responses to “岐阜県立森林文化アカデミーと森と木のオープンカレッジ”

コメントを残す

このページの先頭へ