フロリックシーアドベンチャーパーク浦富の後は海の家もおすすめ



鳥取県岩美町の浦富海岸(小栗浜海水浴場)に

日本最大級の海上アスレチックパークとして

フロリックシー アドベンチャーパーク浦富が

2016年7月16日にオープンします。

※追記 16日は荒天のため延期になりました

Frolic Sea Adventure Park Uradome

鳥取ウォーターパーク実行委員会
〒681-0003 鳥取県岩美郡岩美町浦富2479
事務局 090-6419-2609

HP frolicsea-ap.com/

今日も浦富海岸にいましたが、

小栗浜海水浴場の方をみていたら

1週間前ということで海岸に黄色いものが見え始め

アスレティックがどんどん出来ているのが遠目で見えました。

フロリックシー アドベンチャーパーク浦富は

1時間で入れ替え制で、当日は1500円(前売り1300円)

30分前に集合して15分前の入場ルール説明必ず参加

という、ルールが有ります。

楽しすぎるアトラクションなので

1時間で十分満喫できると思いますが

2時間連続は入れないので、時間を持て余したり

混雑で入れなかったりすると

せっかく遠方から来たのにすぐに帰るのももったいないですよね。

※私は今は海辺に住んでますが、以前は大阪から海に来ていたのですぐ帰るとか時間のロスが勿体無くて^^;そう考えてしまう…

 

その場合は

フロリックシー アドベンチャーパーク浦富のあとに

東側にある浦富海岸がおすすめです。

※平井知事はフロリックシーの後に岩井温泉にいく(フロイック)ってギャグを言ってますがね(笑)岩井温泉は〆でどうぞ。高温ですが個人的には岩井温泉のかけ流し湯は好きです。

浦富海岸

浦富海岸の海の家は 浦富海岸第一駐車場のトイレの下にある『海の家あずまや』さんが便利です。その理由は、海で遊ぶときに気になるのが荷物。砂まみれになったり直射日光で熱を持ったりして化粧品や食べ物などが傷んでしまうこともありますが、あずまやさんの休憩所に預けると、このように日陰になっています。

浦富海岸

しかも利用料

大人700円子供400円で一日中出入り自由!

っていうのがかなり便利ですよね。

さらに休憩所利用の際はシャワーも更衣室も込み

さらに空気入れも休憩利用者は無料で使えます、

(シャワーのみ100円・更衣室のみ100円・空気入れ100円)

 

レンタルパラソル1000円、浮き輪500円、ゴザ500円

これを計算したうえで片付けなども考慮すると

休憩利用のほうが700円で快適では…

と個人的には思います。

浦富海岸

小さなお子様とお母さんだけが休憩所にいて

お父さんと小学生だけは海岸で遊ぶ!といった場合、

待っている人にとって便利です。

食事も比較的リーズナブルで

・焼きそば

・あげたこ

・唐揚げ

・フライドポテト

・うどん

・目玉乗せピラフ

・牛丼

・おでん

・冷やしうどん

・ラーメン

・カツカレー

・フランクフルト

・焼き鳥

・かき氷

などなど…海辺で食べると美味しいものばかり(笑)

浦富海岸海の家

ちなみに冷やしうどん食べてみました。

ぶっかけうどん

もみじおろしと生姜がピリ辛でコシもあり

美味しかったです!

お子様は辛いかもですが、、、大人におすすめ。

※紅葉おろしは最初だけで

今はざるうどんとして麺つゆとわさびに変更されています。

追記:2019年より浦富海水浴場でのバーベキューは禁止になりました

岩美町でのシュノーケリングやSUP,サーフィンやカヌー体験、フロリックシーアドベンチャー浦富の予約や価格の確認などは↓



日本最大級のレジャー総合情報サイト

岩美町でのお宿の検索や予約は↓

岩美町(浦富海岸)で海水浴・キャンプ・バーベキュー禁止と可能な場所

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ