DIYで作った家具を販売する副業(複業)という働き方もあり



家具を作る仕事がしたいけど求人がない、木工の学校が近くにない、年齢的に木工企業の研修修業に申し込むことが難しい、などの問題を抱えている人もいます。

本業を持ちながら趣味で作った家具を販売することも仕事になるのでは?と考える人も…。当ブログでも、DIYで作った家具を売ってみたいんですが…という相談をお受けすることがあります。

DIYで作った家具を販売する副業(複業)という働き方もあり


家具を作る仕事をしたいと思っても家具職人としての就職先がなく、やっと見つけた就職先も思い描いたような内容ではないことも多いです。

そんなときに諦めてしまうのではずっと心にしこりが残るでしょう…。

それであれば木工教室やオープンカレッジなどで家具作りの基礎作業を学び、そこで得た技術を活かして自分で道具を揃えて日曜大工(DIY)をして自分で販売するという事から始めてみるのも方法の一つです。

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】

で個人でネットショップを持って販売することも簡単になりました。なので厳しい修行をして素晴らしい技術を身に着けた家具職人とまでは言えないけども、家具を作って販売する仕事を複業として続けながらその割合が本業を上回ることになればそれを本業にするのもいいですし、

家具が売れないときのリスク回避のために今までの本業を続けながら家具を作って売る二足のわらじでも良いと思います。職人さんに失礼…と遠慮する気持ちもあると思いますが、働き方っていろいろなので需要があればドンドン仕事にしていくことで個人が自立して生きていく道がひらけますよね。職人と名乗らなければ気持ちも楽かな~なんて。

もちろん、売るということは商品なので、使える家具、お金をいただく価値のある家具を作ることが前提です。例えば100円ショップで集めたものを組み合わせて販売するというのは素人でできることなのでアイデアにオリジナルの価値があれば良いですが、あくまでも趣味止まりになりますので食べていくために儲けるという点では工夫が必要になるでしょう。

100均DIYのアイデアはすぐにパクられる時代…トラブルになる恐れもあります。

さらに作った家具が壊れたなどの怪我があった場合にどうするか?も重要で、基礎知識がないまま椅子やテーブルを作って販売することはとても危険です。壊れたり折れたり、また収納でも扉が落ちたり、など家庭内事故が起こりうるものは避けたほうがいいですね。

ですのでDIYで趣味から始まるとは言え、仕事(複業・副業)として対価をいただくものには、安全で喜んでいただける商品に仕上げて販売することを意識しましょう。今はホームセンターなどで材料も仕入れやすく、ネット集客もしやすくなりましたし、フリマやマルシェなども増えていますよね。

無料で使えるツイッターやfacebook、インスタグラムなどで固定ファンを作れば販売実店舗を構えずとも、経費を落として自分で作った家具を売ることは可能です。信頼や口コミでファンからオーダー家具の依頼やお見積もりが来ることにつながります

参考記事⇒ DIYで自分の作った家具を販売する5つの方法
も併せてご覧ください。


ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

2 Responses to “DIYで作った家具を販売する副業(複業)という働き方もあり”

  1. […] DIYで作った家具を販売する副業(複業)という働き方もあり […]

コメントを残す

このページの先頭へ