玄関壁に扉枠とダボレールを取り付けるだけの下駄箱製作事例



現在分譲マンションの造り付け収納家具の納期が迫っているということで急遽手伝いをしています。

大阪の木工所にてマンションの下駄箱製作のバイトで精神治癒!?

にも記載しましたが、少し前に新築マンションの下駄箱の60室分の扉加工をし、残り9フロア126室分の現地採寸にでかけました。

玄関壁に扉枠とダボレールを取り付けるだけの下駄箱製作事例

玄関横に下駄箱の空間を設けた壁があり、その壁の寸法を各部屋計測します。図面では全部同じ寸法でも実際には1mm~15mmくらいの誤差があるため、その誤差のために

  • 扉を閉じたら干渉する
  • 棚板が入らない

などといったトラブルがおこりえますので、かなり手間ですが各部屋の採寸をしました。

量産とはいえ微妙に各部屋寸法が違うとなると材料カットの時間やパーツの仕分けの手間が発生するので全部同じ寸法のときよりも製作時間がかかるのがネック…。

大体下駄箱は箱を作って箱に扉と棚板を取り付けるのですが、今回ご予算?の都合上でか壁にダボレールを取り付ける仕様で大工さんが現地で仕事するためのパーツを作るような感じでした。

まず、玄関横に設けられた下駄箱スペース、クロス仕上げ前

棚板を作るときはクロスの厚みとダボレールの厚みを引きます。扉のサイズは扉の枠に合わせて製作ですが、その空間も各部屋違うのでクリアランスを見た上で平均値で何種類かに分けてオレフィン貼り扉を発注します。

階によってはクロス仕上げも済んでいます。

玄関床と一体化になっているので、巾木なども作らず、扉を200mmほど上に上げて取り付けます。

クロス屋さんの手でクロスを張った壁に大工さんがダボレールを取り付け、各部屋に合わせた棚板を設置。

下駄箱の全体像

鏡を内側に貼りました。

ちなみに号室によってはキッチンカウンターがあるので、カウンター下収納庫も実寸にて製作。まだ施工中の現場内…。

このカウンター下の幅と高さを計測し…

できたボックスがこちら。

これから数日は126台分の下駄箱の扉と棚板、18室のカウンター下収納庫の製作手伝いの予定です。

まだまだ暑いから熱中症に要注意…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

3 Responses to “玄関壁に扉枠とダボレールを取り付けるだけの下駄箱製作事例”

  1. […] 玄関壁に扉枠とダボレールを取り付けるだけの下駄箱製作事例 […]

  2. […] ⇒玄関壁に扉枠とダボレールを取り付けるだけの下駄箱製作事例 […]

コメントを残す

このページの先頭へ