既存の下駄箱の棚板のみのオーダー製作依頼について



私はオーダー家具の見積りをお受けしていますが

連日様々なお問い合わ絵を頂きます。

幅が選べるセミオーダーラック

昨日いただいたお問い合わせでは

既存の下駄箱の棚板のみのオーダー製作見積りをお願いします

ということで既存の下駄箱の写真を添付していただき

見積もりをいたしました。

 下駄箱棚

既存の下駄箱の棚板のみの製作の場合は

板の色が合わないなどの問題があるので

その点を踏まえて返信をさせていただいたのですが

もし棚板の色を合わせたいということでしたら

購入された店に聞いてみるほうが良いです

と付け足しましたら

追加棚板は値段が高かったそうで…。

 

そこで

下駄箱の内部で色を気にしないのであれば

定番カラーで使っている材料でお作りします

と回答しました。

 

クローゼットもそうですが

内部に隠れて人に見られることもなく

気にしないのであれば

安価に追加棚板をお作りすることは可能です。

 

色を合わせるとなるとメーカーの品番や

合板の品番をお伝えいただきますと

その品番での見積りを致します。

ただ基本的には品番などはわからないかと思います…

その際にはやはり購入店に相談される方が良いです。

 

今回嬉しいなあと思ったのが

既存の下駄箱をリフォームして

扉などを交換して長く使われているということです。

キッチンもそうですが

リフォームで本体は変えずに扉だけを変えることで

インテリアのイメージが変わりますし

すべてを買い換えるよりもコストダウン出来ます。

扉の製作なども相談をお受けしています。

 

ッと書きながら、そういえば実家のキッチンの扉も

扉の取っ手が錆びてしまって

その影響で扉自体も傷んできているので

換えないといけないなあと思い出しました^^;

メーカーのキッチンなのですが

扉のみの交換は私でも十分できますので。

 

どうしても実家の事や自分の家のことは

後回しにしがちです。

木工所の知人も奥様に

バタフライテーブルを作って欲しいと言われ

後回しにして何年も経過しているようで…

なんだか気持ちはわかります。。。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

コメントを残す

このページの先頭へ