大阪の木工所にて保育園の下駄箱やロッカーを製作しています



4月の27日から大阪に滞在して、大阪の木工所にて保育園のオーダー収納家具を製作していますが、少しずつ形になってきました。ワイドが2700の園児用ロッカーは1本物で作るので大きいです♪

保育園ロッカー

工法は相欠き継ぎがで製作。

位置決めがしっかりできることと

ダボ組と違って綺麗に組めます。

ロッカー製作

この上はロールスクリーン付きの

棚もつきますので

大きな壁面収納になります。

大阪のオーダー家具工場で

一緒に作っています。

 

耳の聞こえない方と作業をしていますが

職人さんって技術が身に付くと

言葉は無くてもコミュニケーションが

取れやすいなと思います。

 

私は今までもずっと

様々なハンディをお持ちの方と

複数名働いてきましたが

ハンディとか障がい者とかいろんな言葉がありますが

私はそれを使うのは違和感を感じるくらい

いつも思うに、適材適所というのがあり

得意分野を引き出すことが出来るのも

技術者としての仕事だなと思いますね。

 

私は弟子の募集などはしませんが
障害をお持ちの方の秀でた部分を活かすために
働ける環境を作る器になりたいとは
常々思います。

 

引き続き家具製作をします。

連休はずっと大阪でオーダー家具製作です

 

木工所時代の記事一覧

オーダー家具に関するお問い合せはこちら

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ