大阪の保育園のオーダー家具の見積もりと田舎の子育て環境の違い



現在大阪滞在中3ヶ月を迎えた私はタイミングもよく大阪でのオーダー家具のお見積もりなどのご依頼もよく頂いております。

※先日投稿したA様のすき間収納のお見積もり相談について はまだ返信を頂いていないので気がかりではありますが…。この記事見てくださると願って…お待ちしております。

大阪の保育園のオーダー家具の見積もり

ご依頼いただいたのは大阪市内の保育園ですが新設ではなく、園児が増員に伴い追加の家具が必要ということでの既存お家具が現在ある状態でいらっしゃいます。

以前から関東の保育園の家具製作などをお手伝いさせて頂く機会も複数ありますが、(過去ブログ保育園家具記事)私の身内も学童関係の仕事をしていまして児童の待機があり、大阪市内でも働く親の子供の居場所の確保が問題あるんだなと実感します。田舎にいるだけではぜんぜん違う生活環境なので…。

田舎の子育て環境

どこも同じというわけではありませんが、私の知る田舎では共働きが当然というほどなので(将来都心部へ進学したり就職する子供の学費や生活費などが必要、もしくは低賃金の問題もあり)保育園に入れるもしくは親が近くにいる、同居しているなどで

親が働きに出る環境は比較的整っている方だと感じます。もちろん、田舎でも市街地の場合は人口も多く保育園問題もあるようですが郊外に出ると子供も重宝されていますね。

ただ逆に学校の廃校や統合などで通学に大変、という場所に住んでいる家庭もあり、残業がないけども給料は安い、のびのびできるけど家計にゆとりがない、と思う人もいて、心の豊かさ時間の豊かさ優先か、物資やお金の豊かさが優先か、都心部での子育てと田舎での子育てどちらが良いかというのは本当にその家族の価値観で良し悪しが変わると思います。

私は自分の子育ては経験ありませんが、田舎で子育てしたいけどその子が都会に出ると大丈夫だろうか…と無駄に心配したり妄想だけで思い悩むので実際の子育ては本当に悩み多き、、、だと思います。

と、保育園のオーダー家具の見積もり依頼から随分話がそれましたが、家具の仕事に関わる中で、流行りの店舗や流行りの家具の色なども知ることができるのでそのたびに色々社会を考えるきっかけになっています。

ただ作るだけではなく、お客様の背景を想像したりすることでまた自分の引き出しも増えるし、求められていることを察することも出来ます。自分の好き好みではなく、お客さまのニーズに目を向けて視野を広く、キャパを広く成長したいと思います。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ