私が仕事でやらないこと&家具の意匠登録について



椎名林檎さんの『ありあまる富』より

僕らが手にしている富は消えないよ~中略~もしも彼らが君の何かを盗んだとしてそれはくだらないものだよ返して貰うまでもない筈何故なら価値は生命に従ってついてる

ホント、くだらないものだったんだと思います。大事なものを、くだらないといってしまうのは言葉だけを取ると誤解があると思いますが、表面的な言葉ではないように捉えました。

ものを失っても自分の中に、ちゃんと経験としての資産があるからそれを生かしてまた生み出せます!この歌に出会えたときに励まされました。過去にもブログに書いたかも…。

私が仕事でやらないこと&家具の意匠登録について

意匠法で保護される意匠は、工業上利用できる(量産できる)もの、工業的方法により量産可能な、同一物を反復して多量に生産し得るものなどとされているので、デザインの一部分のパーツではなく、商品そのものを指します。

ですので著作権とはまた違う意味があります。

っと、その意匠登録されている商品に関して、オーダーで製作できますかと問われた場合に、もちろん真似をして作ることができる場合でも製作はできませんと説明をしてお断りするので

人の商品をパクって販売する

ということは当たり前ですがやりません。

10年以上前にネットショッピングでとても売れた自社商品があったのですが、そのヒット商品をそのまま真似をし、当時中国で生産したほうが安く作れたので、中国で量産し、自社よりも安く販売をしたお店があり、

私の運営しているお店でも打撃を受けました。

お客様からすると見た目が同じでやすいお店があれば、そこで購入したいという気持ちはわかります。ですのであとから自社商品をそのまま真似をするってやり方が納得いかないと心では思っていても

実際に、自社製品に対し意匠登録をしてるわけではなかったのでお客様のニーズに答えて同じようなものを海外でやすい工賃で作って仕入れて販売するお店を選んだという事実に文句をいうことはしませんし、できませんでした。法的にも自社オリジナルと強く言えるまで固めていなかった甘さもあったのも当然ですから…。だってそういう(盗む)価値観がなかったので…。

自社の商品を愛し、工場のみんながクレームの内容に丁寧に作った家具を多くの人に喜んでもらおうと苦手な写真撮影とホームページ作成に勤しんだ努力がサラッと盗まれてしまうような状況に悔しい思いをしましたが

そこを嘆いても自社製品という信頼で選んでいただけことを信じ切っていた落ち度でもあるので前を向いてまたできることに向けていたのを覚えているので

自分が嫌な思いをしたことに対する仕返しのようなことができる状況にあっても絶対にしないと決めています。

ですので私が仕事をする上でやらないことは

  • 外注さんを不当に扱うこと(無理難題の押しつけ)
  • 他社の商品をパクって我が物顔で作ること

これはとても失礼、そして恥ずかしく思うことなのでやりません。中には作れるんだったら作ればいいのに商売ベタだ! と思う人もいますが、そこまでやってなんだか後ろめたいことに対するストレスを抱えるほうが心の損失なのでやらないです。

(意匠登録や特許登録の製品の販売は法に触れますが、家具では登録しているアイテムは少ないので作ろうと思えば作れるでしょうけど)

実際に、家具の売れているランキングの商品をジャンル問わず、同じような商品にみせてパクって輸入品で販売している会社が、どんどん大きくなったのですが、あ~、これはあのお店のを真似ている…あ、これはあの会社のだ!と…。私も市場調査をしていたのですぐに気づくほどあからさまでした。

パクリパクられの自覚があるからかして、その会社が自社商品を数年後に開発したものに関して意匠登録したりしています。パクられる側となると困ったり大事に企画した商品を横取りされるリスクはわかっているでしょうから。商売上手ではあると思いますが、真似をしようとも羨ましいとも思いません。

だから私が底辺から抜け出せないのかも知れませんが笑 でも、将来的に叩けばホコリが出ることとか同じ業界の人に嫌な思いをさせることをわかってやってまで儲かったお金って直接的ではなくても、生きていく上でどこかで歪が来ると思いますので。

こういうことって家具だけでなく色んなところであると思いますが関係ない消費者には気づかないし気にすることではないのでしょうね。

身近でいうと、お菓子や料理、衣服、そして絵に音楽に、書籍にっと意匠ではなく著作権とか特許とかたまにネットニュースとかで見受けますが大抵は消費者にはわからないところであるんだろうなって感じます。

争いなく仕事したいし、嫌な思い出は未来に残さない、同じことを人にしないと決めています。それこそ盗まれてもそれはくだらないものだったんだと思います。

ありあまる富
今はオーダー家具なので形のないものを、お一人お一人に作っていますが、今後量産できる既成品をオリジナルで作るとして…とても大事に大事にして開発した商品を守る必要がある際、意匠登録などする機会があればしっかり勉強します。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

One Response to “私が仕事でやらないこと&家具の意匠登録について”

コメントを残す

このページの先頭へ