こだわりの家具を作っても売れない作家さんの悩み



Facebookにも記載したのですが

こだわりの箱を作った方が

企画の途中でストップしているとのことでした。

その箱は無垢でこだわっている箱なので

値段としては高額になります。

ですが同じような用途の箱って

海外製の安い量産でも代用できるし

サイズだけで言うと悲しいことに100円ショップでも

手にすることも可能といえば可能です。

 

なのでこだわり家具を作っても売れないということもあります。

杉材天板

これは家具だけではなく衣類や野菜も同じで

こだわって良いものでも値段で選ぶ方に提案すると

売れることは難しいです。

ですからその商品の

  • コンセプト
  • ターゲット
  • 選ぶ理由

などを見込みのお客様に伝える必要があって

それが伝わらないと購入動機にいたらず

良いのはわかるけどこっちでいいや

っというように類似品に流れてしまいますね。

 

私はコンセプトを聞いた時に感動しました。

そこに響く人に向けて伝えれば売れると思いました。

でも場所を間違えると全く売れないかもとも思いました。

少なくても響くターゲットにきっちりと提案できれば

こだわりの高い家具でも選んでいただけるので

そこを探すことからだと。

私は自分の家具だけが売れれば良いと思ってなくて

良い物をうまくアピールできていない方に対しても

今までの自分のネット通販やオーダー受注の経験から

何かできることがあればと常々勉強しています。

アホかもしれませんが素直に言うと

やっぱり私は裏方で支えることが好きなのですね。

opt4

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

コメントを残す

このページの先頭へ