カンブリア宮殿・年商1兆6000億の住宅建材設備の新生リクシルの回を見て



カンブリア宮殿8月23日放送分、

【600回記念 快適&便利商品を連発!「リクシル」】今までにない快適&便利を作れ! 挑戦するベンチャー流ものづくりとは!? 年商1兆6000億円、新生リクシルの挑戦に迫る!

をGyaOの見逃し配信で拝見しました。

カンブリア宮殿・年商1兆6000億の新生リクシルの回を見て

住まいの不満を解消する大スポットとして新宿のlixilショールーム、家を新築する方やリフォームする方がキッチンやトイレ、お風呂にサッシや外壁などが展示されています。

基本的にはお客様の悩みを解消する、便利にする、快適にする機能を開発に開発を重ねて商品化するリクシルは、

開発段階で失敗してもいい、失敗を活かして商品を開発し続けることができるのが社員にとっても挑戦しやすくなっており、さらにいうともともと建材、トイレ、キッチン、などあらゆるジャンルの企業

トステム
サンウエーブ工業
INAX
新日軽
TOEX

と5社が集結し知識を1つにした会社なので商品開発にも横に活かせるという強みがある。もちろん最初は色々その会社なりのやり方があったからトラブルなども起こったとは思いますが、これを観た時にわあ、、、やはり小さな個人ではできないことだ!すごいなあと素直に思いました。

もともとは モノタロウの創始者で家具金物を仕入れるときにも利用したことがあり、カンブリア宮殿をみてはじめてリクシルとのつながりを知りました。

ちなみに大阪の木工職人をしている人が、もともとリクシルの仕事をしていて、個人宅の水回りの設備の取り付けなどをしていたとお昼休みの会話で聞いたことがあるけども、このサービスのことねえっと思いながら番組を観ました。

体を悪くして入院した時に、退院後の体調のことを踏まえて臨機応変にニーズに応えることが難しいため、やめたらしいのですが、人手が足りなくてまた新人指導兼ねて手伝ってくれないかと言われているとも聞きました(ほんとかはわかりませんが)

確かにお客様にとって、スピーディーに対応してくれるというのはとてもありがたいことで口コミで依頼する人も多いだろうし、現地取り付けのスタッフ(提携工務店)も全国各地に必要だろうなあっと思いました。

私は水まわり設備の取り付けなどはできないけど、技術や資格があれば人口の少ない田舎でもたまに依頼があり仕事になるかもなんて思いました(笑)

家具の取り付けもそうですが、お客様に直接携わることができるというのが仕事の達成感を倍増させます。って相変わらず職人目線ですが^^;

次回のカンブリア宮殿はタオル!これも楽しみ…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ