宮大工さんの技術がユネスコ無形文化遺産申請へ!



私はこのブログで幾度となく、宮大工さんへの尊敬の念を書いてきましたが、今日は心ときめくニュースを目にしたことを…

なんと宮大工さんや左官屋さんなどが継承する「伝統建築工匠の技」が…ユネスコ候補へ…。

宮大工さんの技術がユネスコ無形文化遺産申請へ!

2016年年末に、尊敬する宮大工の西岡棟梁が再建した法隆寺へ、そのお弟子さんが案内する書籍を片手にいって心身を整えてきたこともあります。

⇒ 宮大工と歩く奈良の古寺に従い法隆寺へ

⇒ 女職人のバイブルは法隆寺の西岡棟梁と鵤工舎の小川三夫さんの本

私は家具職人として修業をしていたときに、自分の技術の低さに嫌気が差し何度も挫折しそうになりましたが、そのたびに西岡さんと小川さんの本に支えられました。

もちろん、このお二方だけではなく、宮大工さんのお仕事は汚れた心では近づけない域にある雲の上の存在で…。

そのような宮大工さんの伝統建築工匠の技(木造建造物を受け継ぐための伝統技術)として30年3月末までにユネスコ無形文化遺産の登録申請になるなんて本当に素晴らしすぎることだと思います。

登録の結果は2020年頃の見通しのようで…。登録審査は、国の文化財の一種「選定保存技術」になっている14分野の技術で、手縫いの畳製作や、漆塗り、屋根葺きなど、

選定保存技術に関しては27年度の段階で、71件あります。文化庁のホームページのPDFに記載・選定保存技術や、技術者、団体が掲載されています


私は岩美町の山陰海岸ジオパークガイドとして活動や勉強もしていますが、ユネスコの世界ジオパークの認定を受けてから、再認定までまた条件があったりと、そもそも、きれいだから、美しいからというだけで簡単に登録されるものでもなく、携わる人の努力のもと、そして認定されて終わりではなく継続していくことが求められることを間近で見ているので、

カテゴリが違えど、ユネスコ無形文化遺産として登録されることになると本当に本当に素晴らしい出来事だと思います。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

現在メルマガ発行は不定期更新です。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

コメントを残す

このページの先頭へ