ものづくりの仕事をしたいけど学校は?いつでも職人になれる?



家具職人ブログをお読み頂き、ものづくりを仕事にしたい10代の女性からメッセージをいただきました。

私は本当にこの道でできるのかと不安になってしまいました。今、ものづくりと関係ない学校に進学しても私はものづくりに関わる仕事につけるでしょうか。私は昔からどうしてもものづくりに関わる仕事がしたいと思っています。夢はいつになっても叶うのでしょうか。

といった内容です。
※個人が特定されないよう省略しています

ものづくりの仕事をしたいけど学校は?いつでも職人になれる?

家具職人ブログをお読みいただき
メッセージありがとうございます。

ものづくりの仕事で進路に迷い
不安になったとのこと、
不安の要因や理由は個人それぞれですか

不安はやらないといつまでも消えず
念だけが募り、不安の解決に至りません。
不安が消えたからスタートというのは
新しいことを始めるにあたりなかなかない事で
(家族の介護やお金の問題など自分のやりたい事ができないことは家庭により出てきますが)

自分だけの中に不安がありつつも
不安に勝る思いや目的で前に進めるのだと思います。

私も恥ずかしながら未だに不安を抱えています。
向いていないと落ち込むこともあります。
恥もたくさんかいて失敗もたくさんしました。

また、途中からでも夢が叶うかは本人次第で
逆に最初からした人が全員夢が叶うわけでもないので
年齢制限があるスポーツ選手と比べたら
当然ものづくりの方が途中からでも
「やり続ける」事が基本でできるようになると思います。

ただ、人には自分だけではない問題も
歳を重ねると出来て来ますから
諦めないといけない場面もあり
諦めたから負け犬でもありません。

ただ後悔や虚無感は精神的に病む事にも繋がります。

やりたいことがわかっているならその道に進む方が
勉強の意味や楽しさはあると思います。
ダラダラと目の前の勉強だけをするよりは
意味のある毎日で心が満たされるでしょう。

しかし、別のことをしてみたら
そちらの方が楽しい事もあり、
正解はひとつではないし、1人の人生でも無いです。

これからも生き方を築いていく分岐点があります。

なにか挑戦したいことがこれから出てきた時に

  • 出来ない理由を並べるより 出来るようになる方法を考える事
  • やり続けてみる事、人に感謝する事
  • 辞めても腐らず経験を活かして新しい道を補強する事

を胸に励んでください。

私は遠回りして挫折ばかりで無駄も多く
良い手本ではありません。
人により価値観も環境も障害も違います。
〇〇様がいつでも挑戦出来る環境にあれば
不安を超える目的を軸にして頑張ってください。

明確な答えは私が身勝手に出せません。
決めるのはご本人だし未来もご本人次第で
同じアドバイスをしても辞める人も続ける人もいます。

周りにも左右されますが受け止め方や打破も個人で変わります。
続けて幸せな人もいるし後悔した人もいるし
逆に諦めたから良い道が見つかった人もいます。

ただ社会人になると、どれも自分で選んだこと、ですから
選んだ責任は自分にあると認識して足を前に進めてください。

長々と書いてしまったのに
明確な答えがなく申し訳ありません。
家族の方のお話を大事にしてください。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

現在メルマガ発行は不定期更新です。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

コメントを残す

このページの先頭へ