工事の見積もりで下請け泣かせの理不尽な値引き強要はNO



介護生活で仕事が100%できない上に、メンタル低下のこんな私へ、未だにオーダー家具のお見積相談をお問い合わせいただいており、心より感謝しています。

通信販売の既製品のご注文もいただいたり、ありがとうございます。

一通一通返信して、出来ない分は木工所を紹介したりしています。こうやってご縁をコツコツつなげていくことで少しでも家具業界にへばりついています^^;

バリバリ働いていた最中に、介護離職問題を抱えた30代、40代が陥ってしまいがちな社会的価値のなさでうつ病っぽくなったり収入の喪失や生活の変化などにより更に引きこもりになるので未来に希望を持たないと!

さて、今日も思ったことを一方的に更新…

工事の見積もりで下請け泣かせの理不尽な値引き強要はNO


前回更新した

職人さんが差し入れに嬉しい飲み物ペリエ・検証中

に記載のように、台風21号の影響の屋根補修をしていただいています。工事していただくとこんなにも安心するのか…ありがたや…。と思いながら10時にペリエやスイカ、塩飴、お昼にもお茶、15時にはかき氷、と職人経験がある分、熱中症対策になる差し入れをしています。

足場もあるし工事をするのを知った人が

  • 『安くしてもらったん?』
  • 『安くしてもらいーや』

などと開口一番に言ってくるたびにムッとしています…。

そりゃ、お金持ちじゃないので工事代金は安いほうが助かります。

しかし、見積もりの段階で

雨漏りが防げる必要最低限の作業で、赤字にならずにきちんと仕事としてかかる価格を
(母と田舎に帰るつもりなので大きな費用をかける気がない)

とすでにお話しています。

自分も家具を作る仕事をしていて開口一番

  • おたく、他より安くできるんでしょ?
  • 他はこの価格だからそれより安くして

など言われることがあります。そういうときは

他がいくらかはわかりませんが、私が必要な金額で見積もりします。

とハッキリいうと、一見さんの問い合わせで普段から下請け泣かせをしている業者のような場合は相手側は驚いています(笑)いやいや私も職人さんもそれが仕事なわけで慈善事業じゃないからそこはきちんと。

そしてそういう要求で仕事を受けても大体が赤字になったり納期がなかったり、間違いによるクレームとかにつながるので断るようにしています。業者間の悪い馴れ合いは抜け出しました。

もちろん個人の場合には、わからないことも多いと思うので理由を説明し、こういうことでこの値段になります、安くなる方法はこうです、でもこういったことがあります。どちらにしましょうか?と納得の上での可否なのでお互いが嫌な気持ちになりません。

その結果、仕事していて幸せだな、と毎回感じることが出来ています。

だからこそ、私が人に仕事をお願いする時は敬意を持って仕事の対価としてきちんと支払い、気持ちよく仕事をしていただくことを望んでいます。そうするほうが、ゆとりを持ってきちんと責任感じてしてくださるし後に何かあったときにでもしっかり言えるし、信頼関係もあるのでもめないです。

逆に、、、良心的な人に対して、しれ~っとボッタクリ業者もあるのでそこへの信頼には注意しないといけないです。きちんと事前知識を持つか、助言してくれる仲間や身内を持つことも大事です。高齢者や一人暮らしの人を対象にした悪徳詐欺とかも気の毒…

技術料が見えない人のムッとするシリーズ

  • ガラスが割れて交換してもらった人が、

『5分位で終わったのに工賃高い』

  • 建具の建て付けの補修してもらった人が

『ちょっと削って調整しただけなのに高い』

  • 自転車のパンクを10分かからず直してもらった人が

『すぐ直せるのにお金取ってセコい』

  • 髪の毛を切るのに美容師の知人に対し

『休みのときでいいから友達だからタダで切って』

  • ホームページのバナー作成の依頼

『え?ちょっとのことなのに無料じゃないの?』

などなど…

ホントムッとします。

  • すぐ終わるようになるための技術習得時間
  • すぐ終わるための道具の準備
  • そこに行くまでの交通費や時間
  • 依頼者が出来ないことを仕事として請けている
  • それを仕事としてご飯を食べている

こういうことが見えていないから身勝手に高いとかせこいとかの発想が生まれて、そもそも御本人が仕事とは?に気がついていないからこそ胸張って強く言ってるのだとは思います。しかし、

  • あなたが逆の立場なら出来ますか?
  • ご自分でしたらどうですか?

という極論なのですが、そういうと逆ギレして怒ったり、他をあたって結局どこも断られたり、自分でして失敗したり、大抵がどんなことにも不満を持っていて幸せそうな人がいません…。でも自分が正しいと思っているので不幸せにも気が付かず、同じ繰り返しなのだと思います。

あと、音楽や演劇、芸術でも、それを見ることや触れることで心が元気になったり癒やされたりする価値という目に見えにくい対価に対しても…ですよね。

中には自分が仕事で理不尽なことを要求されているからこそ、自分も他人にそうするんだという負の連鎖の人もいますね。

仕事で不満があり取引先やお客様の文句を言いながら、自分が外食に行って店員さんに偉そうにしたり、自分が理解していないだけなのに携帯ショップや家電量販店でクレームを言ったり。

うわ、、あなたも同じことしてるやん!・・・

こういう負のループには入らないように気をつけて良い関係性で仕事をするようにしています。

  • 人のふりみて我がふりなおせ
  • 情けは人の為ならず

です。自分も気がついていないことまだまだあると思いますが、良くないことが起こったらまずは自分に原因があると思って見つめ直すように心がけています。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

One Response to “工事の見積もりで下請け泣かせの理不尽な値引き強要はNO”

コメントを残す

このページの先頭へ