分譲マンションのオプションキッチン収納家具製作事例

repo5

大阪の木工所では分譲マンションの下駄箱やクローゼット棚、洗面台収納などを量産で製作しています。

基本的に本体を製作し、扉は室内に合わせたポストフォームやオレフィンシートの仕様が多く、施主様指定でアイカ工業製のものが多いです。

分譲マンションのオプションキッチン収納家具製作事例

分譲マンションの基本仕様にはない、同色でのキッチン収納や壁面テレビボードなどはオプション家具として説明会やカタログが有り、必要な方は有料で申し込むという流れがよくあるケースです。
※分譲会社により異なります

今回は、オーダーキッチン収納カウンターを製作していました。

工場で出荷前の写真です。設置イメージがつかないかもしれませんが、、、チェスト式のカウンター1台とスライド棚付きの収納庫で天板が載ります。

マンションの室内のイメージに合わせた同色の化粧板で製作するのでインテリアに統一感がありますね。

マンションのオプション家具は基本的には施工主からの依頼になり、お客様から直接お支払いいただき納品することはありませんので実際の販売価格はこちらではわかりません…。

時折、施工中のマンションのオプション家具のことで購入者様からのご相談をお受けすることがございますが、

施工中の新築マンションに関してはオプション家具業者が専属でいらっしゃると思うので、他業者のため購入者様からの引き渡し前の直接依頼での製作をすることが出来かねます。

逆に、既存のマンションのリフォームや新築マンションの引き渡し後のオーダー家具製作という形で承ることが出来ます。その際に、業者様オリジナルの化粧板を使用している場合、一般に流通していないこともあり、全く同じ化粧板をご用意することは大変難しいので

室内の家具や建具、腰壁などの内装カラーや柄を必ず統一したいという場合にはオプション家具で申し込まれたほうが統一感は出ると思います。
(アイカの化粧板の場合は仕入れ可能です)

このページの先頭へ