既存下駄箱の横に合う2台目シューズボックスを作りたい

repo5

オーダー収納に関するお問合せを定期的にいただいておりますが、ゴールデンウイークに入り、下駄箱に関するお問合せが増えています。

色々考える事が好きなのでお問合せいただき本当にありがたいことだと張り切っています。

既存下駄箱の横に合う2台目シューズボックスを作りたい


既存の下駄箱の横のスペースに入る2台目のシューズボックスの製作相談で、窓があるということでご丁寧に設置予定場所の写真を添付していただいたのですが窓の桟の下までの高さで大体150cmを切る高さでした。

個別で見積の返事をさせて頂きます。

ココからは2台目のシューズボックスをお探しのお客様向けのアドバイスを記載します。

既存のシューズボックスに合わせる場合、合板やメラミンボードで扉が作られていることが多く、その合板が家具製作によく使われるアイカの同じ品番だといいのですが、

住宅メーカーのオリジナルカタログの既製品家具の場合、その合板はメーカーのオリジナルカラーの事がございますので、まったく同じ物をご用意できない事が有り、並べる際に少しの色違いでも気になることもあります。

取っ手に関しましてもメーカーが量産で作っているオリジナルの金物の場合、同じにそろえることが出来かねますので、その場合には違和感の無い類似品という事になります。

どうしても同じ下駄箱にしたいという場合は、住宅メーカーに制作会社を聞く、もしくは設備保証書のようなものの中に、下駄箱に関する商品説明書があると思うのでその製造元に聞いてみると確実です。

しかし…その場合、メーカー価格なので相場より高いこともあります。それでも綺麗にそろったほうが気持ちよい場合には既存の下駄箱の製造メーカーにお問合せが最良策、

類似品で似たような感じの色合いや金物で問題ないという場合には当店でも製作のご相談を承りますので、お問合せ下さい。

このページの先頭へ