仕事やライフスタイルの理想と現実のギャップで病んだら…



このブログは家具職人になりたいと子供の頃に思って諦めずに脱サラして人生をやり直している経緯を記載していますが、実際のところまだまだ理想は遠く自分が思い描いているライフスタイルにはたどり着いていません。

それが故に心が病みそうになったり、自信が持てなかったり、消えてしまいたくなることも当然あります。そういう生き方の悩みを抱える人は私に限らず大半の人がそうではないでしょうか?

仕事やライフスタイルの理想と現実のギャップで病んだら…


実際にこのブログのお問い合わせフォームにも家具職人になるには?だけではなく、いま人生に悩んでいる方などからもメッセージを頂くことが多いです。

そのたびに私自身もまだまだなのでアドバイスできる身分でもないと恐縮しているのですが、個人的に思うことなどを返信はしていますしブログに記載することもあります。様々なバックボーンがあり、今踏み切れない事情や心のストッパーなど、それぞれ悩みを抱えていらっしゃいます。

私を例にすると築いてもリセットをせざるを得ないことが何度も重なり、今もそうですが田舎でやりたい仕事や役に立つ仕事の蓄積を何年も掛けてしたことで、ようやく目が出始めて依頼が増えてきたことに関して、介護で実家に行くことになり断らざるを得なくなりまたリセット状態です。

その横で…同じようなライフスタイル(田舎暮らしと仕事)で活き活きしている人をテレビの取材などで観ると自分は情けないなあっとなんとも言えない気持ちになりうつ状態になることもしばしば。しかしながら落ち込んだり鬱々しても時間は過ぎ、不可抗力の出来事に嘆いても前に進むことが出来ません。

だから、今できること、未来につなげることを一日に必ず取り入れる。今日が終わってよかった、疲れた、ああ寝よう、、、の前に未来に投げることを少しでもする。言い訳しない。夜が無理なら朝にする。5分でも早く起きて未来のことをする。

もしかするとそれは無駄なことかもしれません。でも一日終わったことに安堵しているだけで、未来を憂う、人を羨む、何かを恨む、などの気持ちは消えることはないのです。自分の理想と現実のギャップに対し鬱々して精神的に病むことはあれど、そこで立ち止まるか進むかで全く未来が変わりますよね。

私は一人でもやる、一人でもやり続ける、一人だからできる、無理だといわれてもやってみる。いつの間にか応援してくれる人ができているということを体験していることもあり、今も同じく、足るを知りながら自分の足でこの地球に立てていることに感謝をし、周りに敬意を持ち…

根腐れしなければまた芽が出る
(根性が腐らなければまた立ち上がれる)

と思って暮らしています。

理想と現実のギャップに憂いたり焦ったりしていたら、誰も見ていなくても小さな信頼の貯金・目的への実行の蓄積をしていくと良いと思います。実はこれは自分自身に言っていることであります。

笑い話にできるまでやりきりたいですよね^^

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ