七草粥の由来を知って食べてからスーパー銭湯で下駄箱チェック



今日は七草粥の日なので前日に仕込んでから朝食べました。七草粥は無病息災と言うけどそもそもなんで7日なのか?と考えたり、何か決まり事があるかも?と思い調べたら、七草を刻むときには49回刻んで歌を歌う(七草囃子)とか!歌のメロディーがわからないので取りあえず49回刻むことはしました。1つの種類につき7回刻む(叩く)そうです。

七草粥の由来を知って食べてよう

七草粥の冬の七草にはおせちのように一つずつ、意味や縁起の良いいわれがあるみたいです。こういうの大好き(笑)

七草粥の野草は?

  • セリ(競り勝つ)
  • ナズナ(撫でて汚れを払う)
  • スズナ(神様を呼ぶ鈴)
  • スズシロ(純白)
  • ハコベラ(繁栄がはびこる)
  • ホトケノザ(仏の安座)
  • ゴギョウ(仏体)

の七種類でスズナはカブ、スズシロは大根。

ホトケノザはシソ科ではなく食用のキク科です。野草それぞれの栄養素の効能がバランス良くあり、疲れた胃や、冬の野菜不足の栄養補給になり、地域によっては収穫できないために七草じゃないこともありますが、根本的な目的は同じ。無病息災とか豊作祈願など。

七草粥を作ったら最初に神棚に供えるらしいので、私の場合は神棚がないので仏壇に…。

もともと中国からの風習で、人の日にあたる1月7日に食べるようになり、平安時代は穀物で作っていたようですが時代が流れ、鎌倉時代頃から野草になり、春の七草とされています。利尿作用、解熱作用、消化促進、ビタミンA,B,C補給、むくみ防止などなど…昔の人は理にかなった食事をしているなと感じますよね。

七草粥を食べたあとに、母とスーパー銭湯へ。

スーパー銭湯で下駄箱チェック

自宅のお風呂も介護リフォームはしたのですが、狭くて冬は寒いということで、デイサービスも3連休のためお風呂屋さんにいきました。スーパー銭湯なら休憩所もあり湯冷めしにくいし、ローカルのスーパー銭湯に行ったので連休でもゆったり。

歩けるようになったとは言え、脚を滑らせないように注意しながら母の背中を流して髪の毛を洗い、私も体を伸ばしてお湯に浸かってリフレッシュできました。

そして、、、恒例の家具チェック。スーパー銭湯といえば萌える?のが下駄箱です。

このように窓付きで鍵付きの銭湯の下駄箱は作り手にとっては大変で(笑)でも作りがいのあるオーダー下駄箱です。そして脱衣所のロッカーもチェック。(写真禁止なのでありません)

壁面の脱衣棚で鍵付き。うん、これも経験ありますが扉がインセット化アウトセット化によって作る工程のスピードも変わります。どちらかというとアウトセットのほうが楽…かな。

とまあ、結局はどこに行っても家具作りのことが離れずワクワクしてしまうのですが、母のことも含めこれからも店舗や公共施設のユニバーサルデザインの家具の知識はもっと増やしたいなと思いますね。

脱衣所にあった椅子で母が着替える際に転倒しそうで怖いといってたので、椅子の選定も安い量産で揃っていればよいというわけではないことも感じました。(予算もありお客様の誰が優先対象か、で選ぶ家具や違いますけどね。)

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

One Response to “七草粥の由来を知って食べてからスーパー銭湯で下駄箱チェック”

  1. […] オーダー家具とは違いプライベートな事ですが、 七草粥の由来を知って食べてからスーパー銭湯で下駄箱チェックしてきました。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ