台風被害の屋根の写真を撮影して癖が役に立ったと実感



私は家具を製作する過程や自然の風景など、とにかく何か記憶に残ることなどを後で記録しようと思って撮影するのが【癖】です。たぶん、2006年頃からネットショップやブログを始めたりしたことがきっかけです。

逆にそれまでの間は、アナログを主張していたため、仕事の記録は全く写真に残していないのですが…。

で、今回その写真を撮影する癖(習慣)が役に立ちました。

台風被害の屋根の写真を撮影して…12年の癖が役に立ちました。


先日の台風21号で隣近所の瓦が飛んで、雨漏りをしている被害が多く、すぐに補修工事もできないのでご近所さんはブルーシートで雨をしのいでいるのですが、

その作業の前にひそかに隣近所の被害の様子の写真を撮影していたんです。我が家が3階で周りが2階なので屋根が見えるのです。(逆に我が家の屋根は誰も見えなくて、しかも勾配がキツく登れなくて、棟包のとんだ部分にブルーシートが被せれなくて苦労しているのですが…。)

で、隣の隣のおばさんに、屋根の様子を撮影したけど観る?

と聞いたら、

ちょうど役所に申請するのに写真が必要だったの、私携帯も持ってないしカメラも持ってないし、屋根に上がれないし、もうブルーシートしたしで困っていたから良かった!その写真現像してくれる?

といわれ、癖(習慣)が意外なところですぐに役立ちました。

現像、メールに送るけどメールアドレスある?

と聞いたらパソコンも何もしたことがないからわからないと。どうしよう…と思い、そうだ、コンビニで現像できるよね?と思い出し、セブンイレブンにてアプリを入れてと、初めてのことにもたもたしながらプリントアウト30円。

はあ、、、私もコンビニでiPhoneで撮影した写真のプリントアウトの方法をしる勉強になりました(笑)アプリを入れてWi-Fiさえ設定すればすごく簡単でびっくり。

しかし、自分の家の屋根の様子は誰でも気になるだろうなと思ってご近所さんの屋根を撮影したことが役に立てて良かったです。あとは、我が家の屋根の問題がまだ解決していないのですが、もう開き直りつつも有り…。自分で屋根に登りたい気持ちをぐっと抑えています。

見習いの頃から写真撮る癖があれば修業時代からの成長も記録できたのですが…。でも逆に、ネットを知ると閲覧時間を結構割いてしまうもので、そういう時間を使わずに修業に没頭できていたので良かったのかもとも思います。

今は、田舎の風景とか写真を取ることがないのでインスタグラムやフェイスブックは投稿が怠りがち。。。都会の雑踏とかなんの特徴もない食事とか私の日常を投稿しても見る人になんの価値も与えず意味ないしね…。田舎に帰って好きな仕事をして癒やしの写真を撮影したいのが本音です。

台風や地震の災害からの早い回復を祈ります。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

現在メルマガ発行は不定期更新です。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

コメントを残す

このページの先頭へ