職人体型崩壊中…仕事は体に現れる。キンコン梶原さんもプロだった



そろそろ冬服を着ようと防寒機能のあるレギンスを履くと太ももがきつくスムーズに上がらない…

ああ、、、太った。もちろん自覚あり。

職人体型崩壊中…仕事も登山も休止し去年のレギンスがきつい


私は職人たるもの機敏に動くために太ってはいけないと思っていて介護をするようになり仕事を減らして、田舎の環境から離れ、登山ガイドなども全くしていないので筋力は落ちる一方です。

こんな自分は食べる価値もないと食欲すら失せている状態なので、体重的には太ってはいないのですが、引き締まりがたるんでいる状態です。

特に太ももとお腹がおばさん体型になっているとは思ってはいたのですが実際にレギンスがキツイというのがたるんだ現実を見せつけられ情けない…

かといって筋トレとかそういうのは苦手なのでいつも仕事で筋肉をつけていたため、こりゃあもう職人としてもダメな域にいるなあっと自己嫌悪です。

しかしながら嘆いても現実問題今はフルで仕事や登山ができないので気にしつつも、いつかは復活して体型を戻そうと目論んでいます。

キングコングの梶原さんも体型維持をしていることが判明

キングコングの梶原さんは最近YouTuber家事サックとして活動していることが話題になっていましたが、その流れで何の動画か忘れましたけど、会話の中で梶原さんが

僕のキャラだと痩せ型なので体型管理をしている

的なことを言ってて、職人体型を意識する自分として興味深く聞き入ってしまいました。

芸人として求められることに、自分のイメージや、仕事の企画で機敏に動くこと、などなど踏まえて太っていたら駄目ということをご自身で決めているようで、、、。

なるほど、小柄で細いのは体質と思っていたけど、そうではなくて陰ながらしっかり意識しているんだなと思うと、わあ!プロだなあっと思ったのです。

はあ、、今の自分は何者でもない。でも何者でもない時間にあがいてもストレスになるだけ…。しっかりと未来への準備でいつでもOKと心構えをしておきたいですね。今や自分の運動は母のリハビリウォーキングの付き添い程度なのでダルンダルンの体です。

ちなみに家具製作に関しては大阪の木工所で行っているのでオーダー家具の製作相談は変わらず承っております。

数日後・・・
恥ずかしながら職人初ぎっくり腰…とベッドの本棚には転び止めを…

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

One Response to “職人体型崩壊中…仕事は体に現れる。キンコン梶原さんもプロだった”

  1. […] あと、太ったので引き締めるためにも… (前回の記事:職人体型崩壊中…仕事は体に現れる) […]

コメントを残す

このページの先頭へ