作家も参考にする体験談の恥と強み・ヨブンのこと?



今日はなにげに思い出した話。サラッと読んだことから感じたことを書くのに意外と長くなってしまいました…。

作家も参考にする体験談の恥と強み


たまたまiPhoneでヤフーニュースを見ていた時に、関連記事というか外部リンクをクリックした際に、たかはしみなみさんと朝井リョウさんのSNSの使い方だったか芸能人のSNS疲れだったか定かではないんですが、そういったたぐいの対談をしている記事があり、

さらっと読んだときのことを今更ながら思い出したのです。

で、記事を探そうにもどれだったかわからず。。。

【朝井リョウ高橋みなみ】

で検索したら

【高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと】

という情報が出てきて、ニッポン放送のラジオをされているみたいで、もしかするとラジオで話した内容をWEBに書き下ろしてあるのかな?と思いましたが見当たらず、なにかの対談コーナーだったんでしょうね。

ちゃんと読み返したいなあ。。。と思いつつ本題へ。

高橋みなみさんが最初はミステリアスでプライベートがわからない中森明菜さんに憧れたけどファンと直接ふれあいが週に2,3回あり、プライベートなどを隠しきれなくなって話す側に回った、先輩が卒業し自分が責任持ってまとめる役になったというようなことだったと思うけど、そこではなく…

印象に残った部分が、朝井リョウさんが最近カップルYouTuberを観ることが多いとのことでその理由が

プライベートの恥ずかしい部分を晒すのは強みだとか、人は思っていても表に出せないとか、でもその中で恥(プライベート)をさらすことがリアリティーがあり知りたいことでもあるというニュアンスなこと。
※このとおり言ったのではなく自分が記憶した受け止め方。

これは作家として伝える側の視点でもあると思うのですが、例えばそのカップルYouTuberはセックスの頻度とか喧嘩とかそういうプライベートを配信していてきっと、映画やテレビドラマではなく素人のそういった日常やお付き合いを観ることにより伝える作品のヒントにもなるんだなと。

パクるってことではなく、なんといいますか、有名作家でも、素人には勝てない一番伝わりやすいシナリオは個人の体験談って言うことを改めて思ったです。そこに人を動かず命を吹き込むのがプロの仕事でしょうか?

で、この記事から何が言いたいかといいますと。

実際に、悩んだり、苦しんだり、迷ったり、誰かに相談したかったりした時にネットで検索したら同じように悩んでいる方や乗り越えた人の体験談があって、それを読んで救われたり、熱くなったり、励まされたり、応援したくなったり、あ、自分だけじゃないんだとホッとしたり、

読んだ人の背景で様々な感情が有り、読んで良かった。参考になった、元気が出た、って思えることってあるんですよね。

きっと人は幸せな時よりは悩んでいる時に検索して体験談を観ると思うのです。

私も家具職人の道として恥を忍んで家具職人を目指した頃の修業中の出来事や感情などを書き綴った体験談がありますが、走り書きで読む人のことをあまり考えずに書いた拙い文面でありながらも、長くいろんな方にご新規で読んでいただいているので

失敗や葛藤など恥を忍んで書いた体験談というのは生きている話だなっと感じます。ちなみに、昔はああだった、と過去自慢をするという意味ではないことはあしからず…

たださらけ出しすぎるリスクもあるので鵜呑みにして失敗しないようにご注意を…。命が奪われることに発展することも実際にありますからね。私も過去にネットストーカーにあい、それからはとても慎重です。慎重なくせにプライベートも書いていますが、晒しすぎないように考えて書いています。この考えて、というところが伝えるということの弱くなる部分なんでしょうね。

朝井リョウさんもその記事で、身内が読んでいることを知り、性描写を控えめに書く残念な作家さんもいる

と話していたのでその時になるほどっ私もストーカーに待ち伏せされたりしたくないし怯えてるし、色んな人からもメッセージを頂くしいろんな立場も有り、同じ記事でも人により共感・反感、どっちかわからないなあって意識することも有り、全部出しきれてない…と思ったのです。
(感情や場所を出し切ったほうがもっと伝わりやすいことの場合でも何かを特定されることで出しきれない不満足な記事も実際にあるため)

※私が見た記事はこういったことを書いているのではないえす、たまたまネットサーフィンで見つけた記事でサラッと読んだだけだったので記憶も曖昧です。ただ、恥(プライベート)を出すカップルYouTuberを観ているという部分の言葉が印象に残っていて記憶を掘り起こして自分の考えをプラスしたものです。

恋愛とか病気とか、子育てや介護、仕事など体験談ブログって…作家さんから見たらネタの宝庫で取材いらずだなあ。個人のブログ記事をちょいつまみしててもわからないってこともあるよね^^; これだけブログが普及しているんだから…。ただその記事により利益が発生する場合には、この記事のこの部分参考に使わせてもらいますっていう真摯な作家さんが長く残る作家さんになるんだと思います。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ