田舎移住で家具職人9.田舎暮らしで友達が出来ない日々が仕事に集中させた

田舎暮らしで家具を作りながらサーフィンっをして仕事も趣味も満喫する人生を送りたい、都会での精神消耗、人混み、満員電車と決別し、自然豊かな環境が近くにある鳥取県に移住をし、

自分の人生を満たすことを後回しに、今は目の前の仕事をしっかりしよう、守ろうと決意しやりたくない仕事に勤しむ日々。

8.アナログ職人がやりたくなかったインターネットに挑戦した強い理由

の続きです。

※このあたりは家具職人としての話ではないので読む人は退屈かもしれません。

9.田舎暮らしで友達が出来ない日々が仕事に集中させた


インターネットを使って家具を直売する仕事は

しなければいけない

という気持ちでした。したいことではないので精神的な抵抗も抱えていました

最初は現場と並行しながら夜中にネットの作業という感じでしたが、ありがたいことに軌道に乗ってきて売れ始め、ネットショップに専従しなければお客様に迷惑もかかる状況になり、泣く泣く?!家具作りの仕事を一旦置いて、ネット仕事に集中することになりました。

5日は誰かに引き継いで自分は職人に戻るんだと強く願いながら必死で基盤を作るのですが、一向に落ち着く日も来ず、私が休むとネットでのお客様対応が止まるので休むことも出来ず、このままでは何かあった時にまずいので

誰でもネットショップが出来るように、いつかはまた家具職人に従事できるようにと引き継ぐ形で手伝ってもらうことがあったのですが、誰も長続きせず…(私が悪かったのかな…)

ネットで売れ始めておいじなる商品を作りたい、在庫がないから追加で製品を作って欲しいと工場の方に訴えてもネットのことは後回しで、今までの利益にならない商社からの仕事の方を優先されたりと(在庫が切れるとペナルティがあるからという理由もあり)

とにかく私悪している直売のネットショップのことを軽視され、お客様に謝ることや、もっとこんな商品があったら売れるのにという提案がなかなか通らないことも有りました。

まさに新しい風の道を作る困難を肌で感じながら築いていく日々でした。

本当に孤独を感じ、だけど息抜きをする友達もおらず、かといって友達を作る余力もなければご飯を食べに出かけたとしてもsネットショップの受注メールやお問い合わせメールが気になってそわそわして落ち着かないだろうし、、、

だったらいっそのこと遊びたい・休みたいという欲を捨ててもっと仕事に集中すればいいんだと切り替えて本当に黙々と数年間、ネットショップの仕事をしていました。もちろん好きでやっているわけではないけど必要なことだと感じ希望を持って…。そのネットショップは別会社で運営していたので私は木工所からその販売用の会社に籍が変わりました

もう家具職人って言えないよね…と思えるほど、製作とは縁遠い日々。そばでは工場の機械の音が聞こえるのに私は作れず、羨ましい…。

でもいつかは職人に戻るんだ、今このネットショップでたくさんのメイドインジャパンの家具が売れて、下請けから脱却することができれば、今の工場の人たちが作ったネットショップの製品も揃うし、ネットのスタッフも雇うことが出来て私もオーダー家具が作れるようになるかもしれない!

という希望をもち。

それでも目の前の忙しさにパンクしそうになる時もあり…私はネットショップのためにとブログを書き始めていたのですが、いつかこんな商売ブログ読みたい人っていないよね?と思い、仕事抜きに個人ブログとして書いて色んな人とコメントでやり取りをすることが夜中の息抜きになりました。

普通に定時で上がって休日は休みで友達とご飯を食べたり遊びに行けなくても、ブログで出来た友達のブログを見るのが楽しみになっていました。今まであんなにアナログでいたかったのに、友達がネットで知り合った人しかいないなんて。しかも顔も見たことがないのに。

でもそれが長く心の支えになりました。

この時に出来たお友達は出張の機会に直接あったりすることが出来るようになり、今でも精神的な支えとしていろんな苦難も諦めない活力に繋がっています。

また、お店おすることになった際にツイッターもはじめていたのですが、それももうお店としてではなく個人として運営するようになり、鳥取の地元の繋がりもでき、文字だけの交流でしたが、家具販売のイベントの拡散をしてくれたりと会ったこともない人に助けられありがたいつながりを感じました。

これがあとでつらい思いにつながるのですが…。

10.マラソンと畑仕事・家具職人仕事ができないストレス

に続く

この頃は必死で店舗を我流で構築して試行錯誤しながら冗談抜きで毎日パソコンの前で泣いていましたがその分、売上が伸びていくことにやりがいを感じていました。まだこのときは木工所は下請け仕事もしていたのでもっともっとネットショップの売上をあげないといけないという焦りも有りましたがそれが諦めない強さでもあり。

ただ理想と現実が違う自分の姿には胸を張れませんでしたが、仕事をすることですこしずつみんなの喜びにつながっていき、軽視から認知になっていき、未来が描ける希望を持っていました。

 

家具職人への道その後…田舎移住で家具職人目次一覧



このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)


ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

このページの先頭へ