鳥取移住して女性家具職人になりたい20歳の方からの相談



昨日フェイスブックページのメッセージから、

鳥取移住して女性家具職人になりたい

20歳の方からの相談がありました。

頑張って就職活動をしているけど

女性ということでお断りされているようです。

私も鳥取移住する時に

  • 『女の子だから指落としたら申し訳ない』
  • 『女性は募集していない』
  • 『知り合いもいないんでしょ』

等と言われたので状況はすごくわかります。

その中で私にも勇気を出して

お問いあわせ頂いたのですが

私自身が現在募集をしていないので

申し訳ないけどお断りをしました。

私は女性だからとかそういうことではなく

 

今お教えする余力がないのが本音です。

根性がないかもしれませんが

経営者としてまだ教えるキャパがありません。

 

気持ちとしては若い人の育成をしたいし

これからしていく予定ですけど

まだまだ仕事にも波があるし

仕事内容的にも基本フラッシュが多いので

どのような職人を目指してるかによっては

満足行く指導ができないと思います。

基本私はお客様に合わせて仕事をうけるので

いろんなことをするので今は即戦力が必要で…。

 

工場もトイレがないところで不便ですし。

こういう時にキャパが狭いことを

情けないなあと思うのですが

逆にそのコンプレックスが力にもなります。

私も早く新しい工房を構えたいとか色々。

 

今は申し訳ないけど自分の基盤づくり中です。

将来は若者育成とか色々計画はしていますが

まだまだ目の前のことに必死で…。

 

こうやって正直に伝えることで

彼女も女性というコンプレックスが

軽減されると思うのです。

 

『女の子だから無理』という断り方は

やっぱり私には無いかな。

女性でも職人になっている人いるし

あきらめないでほしいなと思います。

 

ただ、私は相当ドMなんで

女は邪魔とか鬱陶しいとかいわれながら

失敗しそうでも無視されてっと

男性の中でやってこれましたが

 

私にもその血が流れているので

優しく教えるとかそういうことはないので

実際に女性は無理という男性の気持ちが

女性と働けばわかるのかな?

 

私は女子校や女性ばかりの職場にいたことがなく

常に男性の中にいたのでもしかすると変人なのかもしれない。

以前、京都のホテル現場でアルバイトの女性が

各フロアにマットレスを運んでいたのですが

エレベーターでも搬入する廊下でも

ずっと女の子同士でしゃべっていて

うるさいな!!!!静かに仕事して!

と思ったことがあるんです。

 

あそこの店が美味しかったとか

色々、、、仕事中にすることか?と思って…

その人達が去ったあとは静かすぎて快適でした。

職人はたくさんいるけど皆寡黙なのです。

最初は食事中も20人位いてシーンとしてるし

なんか話したほうが良いんかな?とか気を遣ったり

毎日誰とも話さなくて口が腐りそうと思っていた私は

今はもう

人はいるけど寡黙な現場の雰囲気が好きです。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

コメントを残す

このページの先頭へ