会社を倒産の危機から救う再建弁護士…トラウマで涙



母が眠るので布団を掛けようとした際に、テレビがついていてリーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~というドラマの予告?を観たのですが、ちょっと気になったので

見逃し配信で観てみると思わぬ涙に…。

会社を倒産の危機から救う再建弁護士…トラウマで涙

過去には下町ロケットや空飛ぶタイヤにも感情移入して泣いたのですが
⇒ 下町ロケットの感想は家具製造業としても泣ける話

今回の水産会社の倒産危機からの社員や周りの団結にも涙…。

ただ、こういったドラマは最後は乗り切って倒産を免れて再スタートできるという希望に満ち溢れるストーリーの分、現実は倒産した木工所に対して

  • まだまだ出来たことがなかったか?
  • 自分がもっと知識や能力があれば…
  • 自分が迷惑をかけていたのではないか?

という自責の念がドサーッと思い起こされるので約10年前に奮闘していたことに対して、まだまだトラウマから抜けきれていないと実感します。あれから何をしても自信を持つことが出来ない理由でもあります。

銀行さんとのやり取りや態度の急変も間近で見てきたし、資金繰りや、必死で事業を再建するために走り続け債権者会議での苦悩、従業員を大事にする気持ち、もういろいろ、、、

ドラマ同様身銭切って従業員に給料を用意していたことも…。

世間では倒産させたら悪だと言われますし、客観的に見てもそうだとは思いますが、言い訳をすると理不尽なことが重なり、かつ、ボスの人の良さ、倒産に至るまでのことを見てきた分、私は知らない、転職すればいいと思えず、危ない状況になった数年間。

自ら給料も下げてもらって最後まで必死で守ることに協力をしてきました。あの当時の休み無く、睡眠時間も2-3時間の毎日を繰り返したパワーはものすごいものがあったと思います^^;

周りが何で他人の会社のために自己犠牲してるんだとか、辞めて違う会社で家具作りしたらいいのにとか、馬鹿だとか社畜だとかいろいろ言われてきても聞く耳持たず…。

でも結果、数ヶ月で何億もの利益を出せる自分ではなかったのです。事業が伸びてきたのに、待ったが効かなかった…。もっっと早く大きな結果を出せなかった自分が情けなかった…

みんなの言うとおりなんだもん、ザマアミロと思われてるんだと考えると恥ずかしいし…自分に悔しいし…。

その当時の実質社長でもあったボスが、数年前にガンで他界し、もう一度復活しようという気持ちで取り組んでいたことが間に合わず目的を果たせなかったことや、助けることが出来なかったことなど、

自分の無力さに未だに気を抜くと涙が出ますが、その頃から行動していることは私にとってのスキルとなって蓄積されているし、ボスの失敗から学ぶことができて生かされていることの感謝もあります。天国にいるボスに、良い報告ができる日まで諦めないで自分の描いていることを続けます。

いつになったら顔をまっすぐ上げて心から生きてるって言えるのかな。

と話はドラマに戻り、

やはり『人』が『力』になるっと本当に思います。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ