薬局のレジカウンター台オーダー製作



残暑が残る木工所。風は心地よいけど工場の中は機械の熱気など含めまだ暑く…。10月に検査があるマンソンの室内家具の棚板製作に追われ

枚数が多すぎてちょっと途方に暮れることも…。

そんな私を横目にオーダー家具製作をする職人さん

薬局のレジカウンター台オーダー製作

薬局のレジカウンター台です。

お客様側

なにか什器を置くためか切り欠き加工されています。

スタッフ側。引き出しもついています。

材料は基本的に表面はアイカのメラミン化粧板、お客様側のカウンター天板木口はソフトエッジを使用しています。

図面を見て1から考えて作り上げるってすごく楽しいけど納期も少なく急ぎで作る必要があるため、残業や集中力もいるので介護や子育ての心配を抱える自分としてはちょっと凡ミス、ポカミスが心配。

今は手伝いの身でできることをできる時間、できなければ代わりがいるといった内容で淡々としていますがそれも木工に携わることができる幸せを噛み締めています。

また、オーダー家具を自分で1から作ってお客様にお届けし、ともに喜びを噛みしめる日までしぶとくしがみつきます。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

コメントを残す

このページの先頭へ