自分のやりたいことが見つからない時の3つの対処法



私には仕事を通じて様々な目標があり、それだけのために多くを捨てて無我夢中でしたので、世間で言う人生の幸せについて手に入ったものはそんなに多くありません。しかし、不満はありませんでした。

やりたいことに情熱を注げるというのは幸せなことだと思います。

逆にその目標までの10年以上の歳月が介護により遮断され未達成のままリセットになりましたが…。ですからまったくもって胸が張れる人生ではありません。ですがスキルは残ったので挑戦する気持ちを捨てていません。

そのことは抜きにして…話を戻し。

目標があるとそれに向かって計画が立てやすいですよね。

  • 進路を考えるとき
  • 就職先を考えるとき
  • 自分の人生を思い描く時

自分の好きなことや自分のやりたいことが見つからないと何を選んでいいのかわからず、決めることも出来ず、悩んでいる人はいます。

好きなことを仕事にできない辛さよりも。その前段階で、やりたいことが見つからない方が悩みは深いですね。

関連記事
やりたいことが見つからない苦悩からの脱線や束縛

好きなことややりたい事があれば、それに向かってどうしていけばいいか具体的に行動が起こせますが

やりたいことが見つからないとか具体的な目標がないと無駄に時間を過ごしているのではないかと、向上心の高い方や、周りに詰め寄られる際に焦りますし何より自分の人生に絶望したりハリが無くなりますし劣等感も持ってしまいます。

その時に好きなことややりたい事が見つからない時に見つけるための3つの対処法で劣等感や焦る気持ちが軽くなればいいなと思います。

自分のやりたいことが見つからない時の3つの対処法

1.他力本願を辞める

え?やりたいことが見つからない悩みがなぜ他力本願なの?と思うかもしれませんが…

言い方を変えると人のせいにするのをやめる

学校や社会生活ではいろんなルールが有ります。そのルールにそって親の言うことや先生の言うこと、上司の言うことを守り波風立てないように生活をしていくこと、人生を選択していくことをクセづけてきた人は

自由になりたくても実はルールや宿題や課題がないとなかなか自分で動けません

束縛が苦痛だったはずなのに実際は何かに縛られている方が行動しやすくなっているのです。ようは指示待ち人間。

だからこそ

  • 先生(社長・社長・親など)が何とかしてくれる
  • うまくいかない時に他人のせいにする

こういう思考が生まれてしまいます。

時間割、校則、社訓というのは息苦しい反面、実は他力本願な人には生きやすい。だからやりたいことが見つからないというか…やりたい事を考えない思考回路になっているいうことにもつながります。

もちろん指示待ち人間が悪いわけではありません。それで円滑に生きていける道もあります。しかしながら心の何処かにやりたいことを見つけなきゃ!と思うのであれば指示待ち人間でいる事自体が精神的に悪影響をつのらせます。

勇気はいると思いますが、他力本願という思考を捨ててみて、自分で生きていくにはどうやってけばいいかを考えると、どうせならやりたい事をしたいと思うはずですから必然的にやりたい事が見つかるでしょう。

この世の中、毒母、毒親、モラハラ上司などで阻まれることもあるかもしれませんが、心が壊れる前に阻害する人に対してmしっかり背をそむける勇気も必要です。

2.夢を実現している人の話を聞いたり本を読む

・自分にはやりたいことを仕事にするのは不可能、
・自分には好きなことをして生きるのは無理
・自分は●●のような偉人とは違うので夢物語だ

などと、最初から好きなことを仕事にすることややりたいことを仕事にする選択をあきらめている人もいます。

だから、気づかないうちにやりたいことがみつからないという言葉で濁していることも。諦めていることに気が付かない、自分で制限していることを認めない…。

やりたいことをみつけて前向きになりたいと思い立ったらジャンル関係無しに、成功者の本とか自伝などを読んでみてください。スポーツ選手でも芸能人でもいいです。本を読むくせがなければ読みやすいものから読んでみるとジャンル関係無しに自分にもやる気スイッチが入ります。

読書って今市内人が多いし動画で済ませることも多いですが、なんというか動画とかテレビとは違う集中力が必要で、文字から得た独自の想像で発見があるのです。

自分のやりたいことをするというのは、他に興味を持たないことには目を向けないというのはまた違って、ジャンルや業界が違えど共通していることが沢山ありますので色んな事を視野に入れて、もう一度やりたいことを見つけるきっかけにできるといいですね。

3.何かを捨てる

やりたいことがないのに捨てるものもないよと思いがちですが、今持っているものがやりたいことを見つけるために阻害していることも大いにあります。

やりたいことが見つからないの理由の中に、今の自分の現状を考えて自分で不可能だと決めていることもあります。

わかりやすく言うと

・痩せたいけどお菓子は食べたいから痩せるのは無理
・ランニングしたいけど人付き合いに忙しいから無理
・海外留学したいけど恋人が反対するから無理
・田舎暮らししたいけど会社辞めれないから無理

など、あまりにも簡単な具体例ではありますが、ようは今の自分を変えようとしないで出来る範囲で叶えようと思いからやりたいことに制限がかかり、結果『やりたいことが見つからない』という答えにつながっていきます

目の前の娯楽を捨てるのも惜しい

でも変わりたい。

しかし…何かとやりたいことをするには捨てることも必要です。捨てることで足かせがなくなり良い結果になることも。何もしない人間が願望全部を一度に手に入れるのは難しいですから、優先順位を付けて一個一個クリアするといつの間にかたくさんの願望を手にしています。

肩書を捨てる、役職を捨てる、経歴を捨てる。

これって怖いことでもありますが、必ずやってきたことは活かせる、価値は自分に培われています。しっかり生きてきたら、必ずスキルや人脈として残っていて次のステップで活かせます。自然と周りが味方してくれるので涙がでるほどありがたさなど感じます(笑)

想像しやすい一例で言うと、

スポーツばかりしてきた人はよくアタマが悪いと言われますが、それは間違いであって、プロの選手を見てもわかりますが、
洞察力・行動力・マナー・チームワークなど他の仕事で必要なことが自然とスポーツから身についているのです。頭が悪いとできません。

結果を出すために貫く、集中するオリンピック選手など人としても素晴らしい方が多いですよね。

やりたいことが見つからない・わからないから脱出するために

みつからないのではなく、やりたいことはあるのに、いつの間にかルールや自己規制でやりたいことが見つからないということで収まっている人が多いと感じます。

それは出来ないという固定観念。

私も女だから無理だと思って小学校の時の夢を勝手に諦めましたが、一度働いて、そのときにやっぱり挑戦しようと思い起こせて良かったです。出来ないって決めていたのは外野の意見でもありながら、結局自分で出来ないって思っていただけでした。

ですからまず、やりたいことが見つかっていないのか、それとも、制限書けて自分にできそうな狭い範囲で物事を考えているのかを見つめてみるといいと思います。

その中でやりたいことが見つかった場合に、出来ない理由を並べるのではなく、そのためにはどうするのか、何を捨てるべきかを考えます。

もし、どう考えてもやりたいことが見つからないなら、色んな事に興味を持って自分なら…とシュミレーションしてみることから始めることを意識してください。

何もしなければ、何も変われず、ずっと悶々と自信のない自分で過ごすことになります。 他人と過去は変えられないが、自分未来変えられるっという言葉を思い出しました…。

関連記事
⇒ 好きなことを仕事にする7つのメリット
好きなことを仕事にするための5つのデメリット

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人ブログについて

このブログでの私の体験談を何かの引用やブログやSNSにシェアなどじていただいた際に、どんな媒体でお役に立っているのかもしくは酷評されているのか知りたいのでコメント欄にお願いします。※コメント欄は承認制なので記載いただいてもブログ上では非公開となります。私しか閲覧することが出来ませんのでご安心ください。
また自治体や雑誌・テレビなどメディア様の何かの題材で参考にされた際にも必ずご連絡をお願いいたします。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声の一部

現在ブログには書かない本音のメルマガは不定期発行です。

 家具職人になるまでの経歴や経緯は⇒家具職人への道(全20話)

 田舎暮らしをした話は⇒田舎移住で家具職人(全16話)

2 Responses to “自分のやりたいことが見つからない時の3つの対処法”

コメントを残す

このページの先頭へ